ここから本文です

人気声優2人がM-1グランプリ出場 ベテラン速水奨と若手・野津山幸宏が異色の漫才コンビ結成

7/12(金) 14:12配信

KAI-YOU.net

声優の速水奨さんと野津山幸宏さんが漫才コンビ・ラッシュスタイルとして、漫才師の頂点を決める大会「M-1グランプリ2019」に出場する。

【写真】ラップもする声優

コンビ名であるラッシュスタイルは、速水さんが代表をつとめ、野津山さんが準所属する声優事務所・Rush Styleからとられているようだ。

声優によるラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」(ヒプマイ)でも共演する年の差38歳の異色コンビが、M-1の舞台でどんな漫才を見せるのか。

Twitter上ではさっそく驚きの声が続出するとともに、良い声で見せる(聴かせる?)漫才の内容にも注目が集まっている。

1回戦は9月1日(月)、東京・新宿シアターモリエールで開催される。

ファン「理解が追いつかない」

2人は事務所を同じくする声優であり、ヒプノシスマイクでも共演。1980年代から様々なアニメに出演する速水さんはシンジュク・ディビジョン「麻天狼」の神宮寺寂雷、若手声優・野津山さんはシブヤ・ディビジョン「Fling Posse」の有栖川帝統を演じている。

予想外すぎる2人の漫才コンビ結成には、Twitterでも大きな話題に。近年、活動の幅が広がる声優としても珍しいM-1出場に「理解が追いつかない」「(良い声の漫才に)意識が飛びそう」と、現実とは思えないファンから驚きの声が上がっている。

多くの漫才師がしのぎを削るM-1の中で、「エントリーNo.433・ラッシュスタイル」の名を忘れずに9月1日の1回戦に注目したい。

恩田雄多

最終更新:7/12(金) 16:20
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事