ここから本文です

同じ培養肉でも、牛より「昆虫」のほうが高効率?

7/12(金) 19:11配信

WIRED.jp

未来の食べ物とは、どんなものだろう。人によって答えはさまざまだ。

肉汁たっぷりの植物素材ハンバーガーだと言う人がいる。牛肉の代わりに昆虫食を強いられているはずだと言う人もいるだろう。あるいは、研究室で細胞培養したハンバーガーをつくるべきだという意見もある。そうすれば、げっぷとして温室効果ガスを放出する牛たちにエサや水をやらずに済む。

「昆虫料理」に安心感を与えるデザインとは

もしくはいっそのこと、これらをすべて合わせてみてはどうだろうか。ウシではなく、ムシの肉を人工培養するのだ。タフツ大学の研究グループによると、昆虫の細胞は牛と比べてずっと簡単に、効率よく培養できるという。断っておくが、あくまで理論上の話だ。しかしひょっとすると、ラボ育ちのコオロギバーガーでバーベキューを楽しむ日が来るかもしれない(もちろん、あの6本脚と羽は除いておいてほしい)。

肉の培養は理論上は簡単だが…

理屈のうえでは、研究室で肉を培養する手順はいたってシンプルだ。細胞を採取して育てる。動物たちの体内で起きているのと同じことをするだけである。とはいえ実際にやるとなると、ひと筋縄ではいかない。とくに厄介なのは、細胞の成長に必要な栄養分を確保することだ。これはニワトリ、魚、牛、何の肉であっても変わりはない。

たいていは動物の血液からつくる血清が栄養分として用いられるが、これが非常に高くつく。魚類の血清の場合は、1オンス(約28g)当たり850ドル(約92,300円)もする。これが、培養肉産業の規模拡大を阻んでいる。

高額な血清の件を別にしても、適切な室温と酸素量を保つ必要があるなど、生物の細胞をその体外で育てるのは困難なことだ。要するに、ある動物の体内環境を、その動物なしで再現しなければならないのである。

昆虫のような無脊椎動物は、脊椎動物とはまったく異なる細胞をもっている。「昆虫の細胞はとても強靭で、ちょっとやそっとのことで死んだりしません」と語るのは、タフツ大学の生物医学技術者であるデイヴィッド・カプランだ。先ごろ昆虫の組織培養に関する共著論文を発表した彼は、こう続ける。「つまり昆虫の細胞なら、条件を厳密に整えなくても培養が可能だということです」

1/4ページ

最終更新:7/12(金) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事