ここから本文です

“お祭り男”西武・森友哉の特大2ランでパ・リーグ先制 3回終了、パ2点リードで中盤戦へ

7/12(金) 20:01配信

ベースボールチャンネル

<マイナビオールスターゲーム2019・第1戦>
パシフィック・リーグ ― セントラル・リーグ(12日・東京ドーム)

【写真】ヤクルト・山田哲、日本ハム・西川…史上最高の盗塁王は? 数と成功率の観点から分析

 セ・リーグは大瀬良大地投手、パ・リーグは千賀滉大投手の両先発で始まった試合。初回、大瀬良が全球ストレートで三者凡退に抑える投球で、パ・リーグベンチにプレッシャーをかける。一方の千賀も、先頭の山田哲人内野手に三塁打を許したものの、後続をしっかりと断ち、得点を許さない。

 2回、大瀬良は、直球勝負を譲らない。4番山川穂高内野手を空振りの三振に打ち取ると、続くホームランダービー初日の覇者・吉田正尚外野手も左翼フライに抑えた。だが、2死からブランドン・レアード内野手にショート内野安打を許すと、7番森友哉捕手がライトスタンドへ特大の2ラン本塁打を放ち、パ・リーグが先制した。

 千賀は裏の攻撃、セ・リーグの4番筒香嘉智外野手に安打を許したが、150キロを超える速球を軸に、カットボールを有効に使いながら無失点に抑えた。

 3回表からは、横浜DeNAベイスターズの今永昇太投手がオールスター初出場。茂木栄五郎内野手(楽天)、秋山翔吾外野手(西武)、近藤健介外野手(日本ハム)とパ・リーグを代表するコンタクトヒッターたちを3人で抑え込んだ。

 一方のパ・リーグは有原航平投手がマウンドへ。先頭の會澤翼捕手に鋭い打球を許したが、二塁手正面のライナーで1死とすると、上位打線の山田、坂本を内野ゴロに打ち取り、三者凡退に仕留めた。

 試合は、2-0で中盤4回へと進んでいる。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/12(金) 20:08
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事