ここから本文です

オールスター、浅村栄斗、山川穂高のアベック弾 パ・リーグ3点リードで終盤へ

7/12(金) 21:06配信

ベースボールチャンネル

<マイナビオールスターゲーム2019・第1戦>
パシフィック・リーグ ― セントラル・リーグ(12日・東京ドーム)

【動画】パ・リーグの円陣は”熱男”松田が声出し

 セ・リーグは、横浜DeNAベイスターズ今永昇太投手が4回表も三者凡退に抑え、3回からパーフェクト投球で、流れを呼び込む。

 その裏、パ・リーグ2番手有原航平投手に対し、先頭の丸佳浩外野手、鈴木誠也外野手の元カープ3・4番コンビが無死一、三塁のチャンスを作ると、4番筒香嘉智が放った打球は三遊間を抜けそうな当たり。三塁手レアードが好捕し、座り込みながら送球したが内野安打となり、三塁走者・丸がホームイン。1点差に迫り、逆転の機運が高まった。

 だが、続く読売ジャイアンツの岡本和真内野手の放った打球を、遊撃手・茂木栄五郎内野手がうまく捌くと、チームメイトの浅村栄斗内野手との連携で併殺打を完成させ、守備を盛り立てる。有原はホセ・ロペス内野手を一ゴロに打ち取り味方の守りに応えた。

 5回は巨人・山口俊投手がマウンドに上がる。今季月間MVPを2度獲得している右腕は、前の打席で本塁打を放った森友哉捕手をセンターフライに打ち取るなど、パ・リーグ打線に追加点を許さない。

 一方、パ・リーグは、有原からマウンドを引き継いだ宮西尚生投手が圧巻の投球をみせる。熟練のピッチングで、2三振を奪うなど3人で退け、つけ入る隙を与えなかった。

 すると6回、2死からパ・リーグ3番の浅村が山口からセンターバックスクリーンに本塁打を放ち1点を追加すると、続く山川穂高内野手が2者連続の本塁打。西武の去年の3・4番が、アベック本塁打でセ・リーグを突き放した。

 6回裏は、松井裕樹投手が登場。1死から丸佳浩外野手に安打を許すと、代走で出場した阪神のルーキー近本光司外野手に二盗を許し、1死二塁のピンチ。だが、鈴木、筒香を力で抑え込み、反撃を許さなかった。

 試合は4-1でパ・リーグがリードのまま、終盤7回へと進んでいる。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/12(金) 21:28
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事