ここから本文です

仏壇の購入にかけた費用「60万円未満」が7割以上

7/12(金) 11:52配信

@DIME

仏を祀り、礼拝供養を行う仏壇。誰しも一度は、故人を想い、手を合わせた経験があるかと思うが、実際に家庭で仏壇購入を経験した人はどれほどいて、どこで購入し、またどれくらいの費用がかかるものなのだろうか?

今回、10000人を対象にした「仏壇」に関する実態調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

仏壇の購入経験は、50代未満では10%未満だが、50代を過ぎると男女ともに倍増
はじめに「仏壇の購入経験はあるか?」という質問が投げかけられたところ、「購入したことがある」が全体の12.8%、「購入したことがない」が全体の87.2%となり、およそ9割の方が仏壇を購入したことがないことが分かった。

また男女別で見ると、男性で「購入したことがある」が13.4%、女性で「購入したことがある」が12.1%となり、男性の購入経験が女性より多いことが明らかに。

なお世代別に見ると、50歳未満の人で「購入したことがある」と回答した人の割合は10%未満ですが、50歳以上の人で「購入したことがある」と回答した人の割合は平均で22.1%となり、2倍以上の方が仏壇を購入していることが判明。年齢とともに仏壇の購入をする機会が増えることを、改めて認識できた結果となった。



仏壇の購入時期は、7割以上が初盆までに購入している
次に、「仏壇を購入した時期はいつだったか」という質問が投げかけられたところ、「葬儀後の四十九日まで」という回答が58.6%最多に。次いで「家を引っ越したり新築したりするとき」と回答した方が15.0%、「故人の生前」が9.2%、「初盆」が7.0%となり、7割以上の方が初盆までに仏壇を購入していることがわかった。

こちらも現状の仏壇の購入時期は、まだまだ従来の慣習に従っていることが分かる結果となっていた。





仏壇を購入する際、8割以上が従来通りの仏壇仏具専門店の実店舗を選択している
ほとんどの人が初盆までに仏壇を購入しているという結果となったが、どこで購入した方が多いのだろうか。

「仏壇はどこで購入したか」という質問が投げかけられたところ、「仏壇仏具専門店の実店舗」という回答が86.9%と圧倒的多数に。

以降、「仏壇仏具専門店の通販サイト」と回答した方が6.6%、「専門店以外の通販サイト」と回答した方が2.8%と続いた。こちらも現状の仏壇の購入先は、まだまだ従来の選択が多いことが分かる結果となっていた。



仏壇の購入にかけた費用が60万円未満だった方は7割以上
続いて、直近で仏壇を購入した方を対象にした、「仏壇にかけた費用」を訪ねる調査が行われた。

最も多かった回答は「20万円未満」で32.7%。以降、「20万円以上~40万円未満」が27.0%、「40万円以上~60万円未満」が14.7%、「60万円以上~80万円未満」が11.5%と続く。購入費用60万円未満の方が7割以上を占めているということが分かった。



購入率の高い「ミニ仏壇」は20万円未満の価格帯での購入が多い
直近で仏壇を購入した方を対象に、「仏壇はどのようなものを購入したか」と尋ねる調査が行われたところ、最も多かった回答は「上置き型のミニ仏壇」で30.4%だった。

続いて「台付きの唐木仏壇」が29.3%、「台付きの家具調・モダン仏壇」が23.6%、「台付きの金仏壇」が14.2%という結果に。ミニ仏壇・モダン仏壇・唐木仏壇と幅広いニーズがあることが明らかになった。



また実際に仏壇を購入する際にかかる費用が、仏壇の種類別でどれくらい違いがあるのか調査が行われた。

上置き型のミニ仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円未満」で69.7%だった。続いて「20万円以上~40万円未満」が20.2%、「40万円以上~60万円未満」が6.9%、「60万円以上~80万円未満」が2.7%という結果に。
ミニ仏壇を購入した人のうち、9割近くの方が40万円未満で購入していることが判明した。

台付きの唐木仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円以上~40万円未満」で25.4%だった。続いて「40万円以上~60万円未満」が20.4%、「60万円以上~80万円未満」が18.8%、「20万円未満」が14.9%という結果に。
唐木仏壇では、8割近くの方が80万円未満で購入していることが分かった。

さらに台付きの家具調・モダン仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円以上~40万円未満」で39.0%だった。続いて「20万円未満」が22.6%、「40万円以上~60万円未満」が18.5%、「60万円以上~80万円未満」が11.0%という結果に。モダン仏壇では、8割近くの方が60万円未満で購入していることが分かりました。
金仏壇・唐木仏壇・モダン仏壇では、特に費用差が大きく見られることが分かる結果となっていた。





仏壇を購入する費用を60万円未満で考えている方の4割以上は、その予算をオーバー
まずは「仏壇を購入する場合どのくらいの費用をかけたいか?」と尋ねる調査が行われた。

すると「20万円未満」と回答した方が63.5%、続いて「20万円以上~40万円未満」と回答した方が17.8%、「40万円以上~60万円未満」と回答した方が10.0%と、「60万円未満」で考えている人が9割以上いる結果に。これは男女別で見ても、差は見受けられなかった。



続いて実際に仏壇を購入するのにかかる費用が、希望する金額とどれくらい違いがあるのかを調べるために、「仏壇を購入する場合、どのくらいの費用をかけたいか」という質問への回答者別に、実際にどれくらい費用がかかったのかを尋ねる調査が行われた。

希望予算を「20万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人は51.4%となり、予算内に収まっている方も多かったが、残りの5割近くの方が希望予算をオーバーしていることが明らかに。

次に希望予算を「20万円以上~40万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人が18.1%、「20万円以上~40万円未満」と回答した人が44.9%となり、合計58.0%の人が予算以内で仏壇の購入ができていることが分かった。

そして残りの42.0%の人が希望予算をオーバーしていることも判明。さらに希望予算を「40万円以上~640万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人が9.6%、「20万円以上~40万円未満」と回答した人が22.9%、「40万円以上~60万円未満」と回答した人が27.7%となり、合計60.2%の人が予算以内で仏壇の購入ができていることが分かった。

加えて、残りの39.8%の人が希望予算をオーバーしていることも判明。仏壇の購入費用を「60万円未満」で考えている人が9割以上いるにも関わらず、その予算を超えている方が4割以上いることが分かる結果となった。



【調査実施概要】
調査方法:インターネットによる調査(調査委託先:株式会社マクロミル)
有効回答数:全体調査10,000名、そのうち仏壇購入経験者への調査618名
調査期間:2019年4月12日~4月16日
調査対象:全体調査(全国/20代以上の男女)、仏壇購入経験者への調査(全国/40代以上の男女)

出典元:合同会社DMM.com

構成/こじへい

@DIME

最終更新:7/12(金) 11:52
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年9月・10月合併号
7月16日発売

定価980円

夏の新製品辛口評価テスト
絶対に喜ばれる最強の手みやげ80選
ボディーメンテナンス11の処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事