ここから本文です

女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

7/12(金) 18:30配信

ニューズウィーク日本版

──「子なしは次世代を語る資格がない」?

台湾は、総統が女性だったり、アジアで初めて同性婚が法的に認められたりするなど、性別における多様性がアジアの中でもかなり先端を行っているような印象を受ける。

台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される:動画

しかし総統の蔡英文は、政治の世界に足を踏み入れて以来、女性であることや独身であること、子どもがいないことなどを理由にした個人攻撃を受け続けていることを明らかにした。米メディア、クオーツが伝えたもので、フェイスブックで「多くの台湾女性も、こうした経験を頻繁にしている」などと投稿したという。

蔡は6月に与党民進党から公認候補を取り付け、来年1月の再選に向けて総統選への出馬が決まっている。今回の発言は、総統選に新党から出馬する対立候補である楊世光が蔡に向けた「口撃」を受けたものだ。

クオーツによると、楊は蔡について、「自分の子どもがいない彼女は、次世代について語る資格がない」と話し、「女性」で「独身」であるため、蔡氏が総統であることを自分は認めない、とも発言した。

クオーツによると蔡は2日、フェイスブックでこれに反論。就任してから3年で、基本給の引き上げ、家族向けの減税、保育補助金の拡大、公営住宅の建設、高齢者政策の促進などを実現したと指摘。こうしたものはすべて次世代に向けた政策であり、若い親たちの負担を減らすためだと説明した。

「批判は受け入れるし努力も続ける。しかし性別や生殖能力を根拠とする個人攻撃は、女性を否定し、政府の努力をくじくものである」と書き、「台湾の若い親たちの多くは、次世代のために頑張っている。しかし独身の人や子どもがいない人もいる。そしてこの人たちは、独身だから、子どもがいないからといって、親としての苦労に共感できないわけではない」と続けた。

■ 女性・独身・子なしへの批判は過去にも

クオーツによると今年4月にも、蔡総統が女性であることを理由に政治手腕に疑問を投げかけられたことがあった。台湾第2の都市、高雄市の韓国瑜市長(最大野党の国民党から総統選に出馬予定)は、女性である蔡が「軍に従事したことがないから軍について発言する資格はない」と話したというのだ。総統は中華民国国軍(台湾の軍隊)の指揮官も務めるが、台湾の徴兵制度は男性だけを対象としていた(2018年に徴兵制度は終了している)。

女性である蔡が総統を務めることへの批判として有名なのは、就任直後の2016年5月、中国国営の新華社通信系列のニュースサイト「国際先駆導報」が掲載した、蔡を「不安定で感情的な独身女性」だとした論説だ。2016年5月25日付米ワシントン・ポストによると、男性学者が「独身女性の政治家として、蔡には愛という感情面での負担、家族という制約、子どもという心配事がない。彼女のやり方や戦略は時に感情的で個人的で極端だ」と書いたという。

ワシントン・ポストはこの論説が、蔡について何も伝えていない一方で、中国政府には「性差別やシングル・シェイミング(独身であることを恥だとして批判すること)が存在する」ことは伝わった、と批判した。

国際先駆導報のこの記事は現在、削除されているが、米CNNによると、この論説はあまりにも性差別的すぎるとして中国内外から批判を集めたという。

しかし「女性」「独身」「子なし」を理由に女性政治家を攻撃するのは、何も男性だけとは限らない。

2016年に英国史上2人目の女性首相を生んだ英国でも、女性同士の対決となった党首選で、子どもがいない対立候補への不当な攻撃と取れる発言が批判を集めたことがあった。テリーザ・メイとともに党首選の最終候補に残っていたアンドレア・レッドサムが当時、英タイムズ紙とのインタビューで「母親である自分は、子どものいないメイよりも首相に適役だ」という趣旨の発言をした。これが問題となりレッドサムは謝罪し、党首選から撤退。メイが首相に就任した。

松丸さとみ

最終更新:7/12(金) 20:15
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

ニューズウィーク日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事