ここから本文です

「トランプのツイッターブロックは憲法違反」で、支持者反撃?

7/12(金) 18:41配信

ニューズウィーク日本版

──トランプのユーザーブロックは言論の自由を保障する憲法修正第1条違反、と......

ドナルド・トランプ大統領が(Twitterでの)ユーザーブロックを許されないなら、他の政治家も平等にブロックを許されないはずだ──。ユーチューバーでニューヨーク州議会候補のジョセフ・サラディーノが7月10日にそうツイートし、自分をブロックした同州選出の下院議員(民主党)、アレクサンドリア・オカシオコルテスを提訴した。

若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......動画はこちら

■ 控訴裁「トランプ大統領のユーザーブロックは憲法違反」

ニューヨークの巡回控訴裁は9日、トランプ大統領が自身の公式Twitterに批判的なコメントをした人物をブロックするのは、言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に違反するという判断を示した。米ロイターによると、米司法省は上訴するとみられる。

控訴裁は判決で、「憲法修正第1条は、公的目的でソーシャルメディアのアカウントを利用する公務員が、オンラインでの対話で意見が異なることを理由に特定の人々を締め出すことを認めていない」とした。

■ オカシオコルテスを狙い打ち?

サラディーノはこれを受け、自分をブロックしたオカシオコルテスを連邦地裁に提訴すると、訴状を作成する動画を添えてツイートした。

サラディーノは「私がオカシオコルテスの政治的な投稿の1つにコメントした後、ブロックされた」としている。

同日、やはりコルテスにブロックされた元ニューヨーク州議会議員のドヴ・ハイキンドもオカシオコルテスを提訴したとツイートした。

オカシオコルテスは昨年11月の米議会中間選挙で初当選した28歳のヒスパニック系女性議員。Twitterの個人アカウントを積極的に利用し、左派的な政策を掲げて若者や移民の支持を獲得した。

当選後は議員としての公式アカウントも開設したが、アクティブなのは現在も個人アカウントの方で、このアカウントを公的な目的で使っていると見なされる。

オカシオコルテスは今のところ、提訴されたことについて特にツイートしていない。

佐藤由紀子

最終更新:7/12(金) 18:41
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事