ここから本文です

『なつぞら』第90話、突然現れた夕見子(福地桃子)が行き先を告げずに去ってしまう

7/12(金) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。7月13日放送の第90話では、突然現れた夕見子(福地桃子)が行き先を告げずに去ってしまう。

【写真】なつ(広瀬すず)とダンスを踊る坂場(中川大志)

 風車で飲んだくれていた雪次郎(山田裕貴)の元に、突然夕見子が現れた第89話。第90話では、なつ(広瀬すず)は、北海道で大学に通っているはずだと驚く。上京の理由を訪ねるが、夕見子は質問をはぐらかしたまま、行き先も告げずに去ってしまう。一方東洋動画では、なつの携わる短編映画の絵コンテがようやく完成するが、下山(川島明)は、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)に思わぬ指摘をされる。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、染谷将太、貫地谷しほり、渡辺麻友、川島明、山口智子らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/12(金) 8:20
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事