ここから本文です

乃木坂46山崎怜奈、卒業発表した桜井玲香への想い溢れる「寂しくないわけないじゃん!」

7/12(金) 11:31配信

リアルサウンド

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび』。7月11日の配信には山崎怜奈が登場し、近況トークを繰り広げた。

【写真】グループへの愛を熱弁する桜井玲香。

 7月3日、4日のナゴヤドーム公演をもって開幕した毎年恒例の『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』。山崎は「名古屋といえばまぁまぁ色々ね、ご飯が美味しいとかあるんですけど」としたうえで、「裏話でいうと……」と4期生・早川聖来とのエピソードを話し始めた。

 早川は7月10日に自身のブログで「(ナゴヤドーム公演の)本番前にどうしようって不安になって泣いていたら山崎怜奈さんが『一緒に確認しよう!』って静かなところで振りと立ち位置を1からクイズみたいに確認してくださって本番は大きなミスはなく終えることができたんです!」と山崎への感謝の気持ちを綴っていた。

 この件について「今回会場が大きいし曲数もあるので、覚えることが多くて、特に4期生にとっては初めてグループ全体のライブに参加するということでもあったので、結構大変だったんです」と説明。「それで、聖来が大変そうで。あの子頑張り屋さんなので、いっぱいいっぱいになっちゃって。まぁまぁしょうがないんですよ」と振り返った。

 さらに、今でこそ経験を重ねたためにライブにおける立ち位置や振りを覚えるのが早くなってはいるものの、昔は苦手だったとして「気持ちはすごいわかるから、助けてあげたいなと思って」とシンパシーを抱いたがゆえの行動だったことを告白した。

 また「静かなところ」で立ち位置と振りを練習したことについては「あんまりそういうのをやっているところを人に見られたくなかったから」と解説しつつ、「で、聖来のライブメモを私が預かって『問題です! 〇〇の曲のイントロで移動する場所はどこでしょう?』って全部クイズ形式にして、答えてもらってわからなかったところは×をつけて『はい、マイナス5点~』みたいな感じでやっていました」と回想した。

 「テスト勉強と一緒で、そうやっていくと、まだ自分が覚えきれていないことが明確になるじゃないですか」と、現役大学生ならではの勉強法を実践したことを明かし、「ブログに書いてくれるとは思わなかったです。そういう意味でやったわけじゃないんですけど、書いてくれてうれしかったです」と語った山崎。続けて「まぁ、書いてくれてうれしかったというよりも、そのお礼としてブログに『怜奈さん、何のお菓子がすきなんかな~?』って書いてたんですよ! ちょー可愛くないですか!? 癒される~! お菓子か~と思って。好きなお菓子、後輩に聞かれたことないもんな(笑)」と表情を崩すなど、すっかり“後輩愛”に目覚めた様子だった。

 加えて、7月8日に自身のブログでグループからの卒業を発表していたキャプテンの桜井玲香についても言及。山崎は「今まで乃木坂のために動いていてくれたキャップが、一人の女優さんとして出ていった時に活躍できるように……あと、安心して私たちに任せられるなって想ってもらって送り出せたらいいなって思いますね」と述べ、「名古屋の帰りのバスでたまたま席が隣だったんですよ。『ライブで歌っている姿をモニターで見て、これも最後なんだなって寂しいなって思いました』って言ったら、『寂しいと思ってくれるのがうれしい』って言われました」と直近の思い出を回顧した。

 最後には「寂しくないわけないじゃん! だって、私が7年目でキャップが8年目なので、そんなにいっぱい一緒にいたら、寂しいに決まってるよ」と感傷に浸りながらも、「でも温かく送り出してあげるのが一番だなと思っています!」とポジティブに捉えていた。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/12(金) 11:31
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事