ここから本文です

中国語バーチャルシンガー 洛天依、日本語詞楽曲第一弾にAA= 上田剛士、大森靖子ら参加

7/12(金) 20:46配信

リアルサウンド

 洛天依(ルォ・テンイ)の日本語詞楽曲第一弾「ピンクブルー」をAA=の上田剛士が楽曲提供およびサウンドプロデュースする。

 洛天依は世界初の中国語バーチャルシンガーとして誕生。中国でのデビュー以降、ユーザーと共にコンテンツを制作。ユーザーにより投稿されたオリジナル曲は30,000曲以上を超えている。

 「ピンクブルー」には、上田剛士(AA=)のほか、作詞に大森靖子、ボーカロイドエディットに虹原ぺぺろんが参加。本楽曲は、7月12日に上海で行われる洛天依のバースデーライブと、19日に同じく上海で行われるBiliBili Micro Link VRで披露される。さらに2019年9月22日~23日に開催される『DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank』への出演。初来日が決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/12(金) 20:46
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事