ここから本文です

F3戦闘機開発計画で軋轢の不安 80年代の日米摩擦が再燃?  不安の種はF2後継機

7/12(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

次世代戦闘機の開発は日米関係の悩みの種だ(航空自衛隊のF2戦闘機)(AFP/アフロ)

<2019年7月20日号> 対日貿易赤字や日本の防衛協力に対する不満や文句。トランプ大統領の発言は1980~90年代の日米貿易摩擦を思い起こさせることが多い。現在進行中の貿易交渉がいい例だ。もちろん、こうした発言には無視できないものがあるが、日米関係はそこまで険悪になっているわけではない。米国の政財官界や軍にはトランプ氏に同調的な声が圧倒的に少ないからだ。日米同盟に対する米国の支持は今でも根強い。 本文:1,480文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

ジェームズ・ショフ :米カーネギー国際平和財団 上席研究員

最終更新:7/12(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る