ここから本文です

【NBA】八村塁、25得点&好守備をコーチ称賛 開幕メンバー入り“確約”「それは保証できる」

7/12(金) 13:33配信

THE ANSWER

攻撃力だけじゃない八村の能力に賛辞「ディフェンス面の働きを私は評価したい」

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は11日(日本時間12日)、サマーリーグのホークス戦に出場し、初の3ポイント2本を含め、25得点をマーク。デビュー以来、3戦連続2桁得点で初の20得点超えを果たした。ウィザーズのアシスタント・コーチ、ロバート・パック氏は圧巻のオフェンス以上に、ディフェンスの奮闘を高評価。日本人史上2人目のNBA開幕ロースター入りについて「保証していい」とGOサインを出している。

【動画】今日は守備も凄かった! 「働きを評価したい」とコーチ称賛…八村が敵選手の背後から演じた“強烈ブロック”の実際の瞬間

 圧巻の八村無双だった。第1クォーター残り8分11秒、中央でポンプフェイクから初得点を決めた後、強引な仕掛けが目立つチームで攻撃に関与できなかったが、徐々に持ち味を出す。ジャンプシュートを次々に沈めると、課題とされた3ポイントも2本成功。両軍最多の25得点、9リバウンド、1アシスト、2ブロックと大暴れ。フィールドゴール成功率は75%を記録した。

 勝利の立役者となった八村に最大限の評価を与えたのが、スコット・ブルックス監督の腹心のパックコーチだ。「彼は色々なことができる」と多彩なシュートパターンを評価する一方で、「ディフェンス面でいいプレーがあった。リムの前で本当にブロックを決めてくれた。オフェンスでも見せ場を作ってくれたが、ディフェンス面での働きを私は評価したい」と語った。

 この日はゴール下でも存在感を発揮し、豪快なブロックで攻勢を強めたホークスから流れを引き戻した。パックコーチは「開幕戦のメンバー? もちろんだよ。それは保証できるよ」と“確約”。「彼にとっても、我々のディフェンスのシステムの感覚を掴める機会になると思うよ」と期待を込めていた。

 元日本代表の田臥勇太(現栃木)が2004-05年シーズンにサンズで開幕戦メンバー入り。開幕戦を含む4試合に出場したが、日本人史上初の1巡目9位に指名された八村はサマーリーグで圧巻の攻撃力と、献身的な守備で評価を高めている。猛アピールの続く背番号8は開幕スタメンも狙えるほどの充実ぶりだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:49
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事