ここから本文です

「ボイス 110緊急指令室」唐沢寿明インタビュー(前編) 「この物語のハードさに飲み込まれないように」

7/12(金) 7:00配信

ザテレビジョン

7月13日(土)より、日本テレビ系にてスタートするドラマ「ボイス 110緊急指令室」(毎週土曜夜10:00-10:54)。このほど、主人公・樋口彰吾を演じる唐沢寿明にインタビューを敢行。前編となる今回は、自身の役柄への取り組み方や、アクションシーンへの思いなどを語ってくれた。

【写真を見る】7月13日(土)放送の第1話では、前半からド派手なアクションシーンも!

――撮影もだいぶ進んでこられましたが、ここまで樋口というキャラクターを演じてみていかがですか?

順調にストーリーも進んで、(役柄に)慣れてもきたので、面白くなっていますよ。とは言えストーリーがシリアスなので、未だに現場ではしゃいだりはしていないですけど。

――先日の会見でも、「テーマがテーマなので現場でははしゃいでいない」とお話しされていましたが、撮影も進まれてきて、現場の雰囲気は少し和らいで来ましたか?

それはありますけど、やっぱりスピード感のある話なので、「前のシーンどうなっていたかな?」と台本を読み返してから次のシーンに向かわないといけないことが結構あるんです。

そういうことでみんな忙しくて、意外と演者の控え室はシーンとしてますよ(笑)。それだけみんなが集中してやってる感じですね。

■ 「(役柄に寄り添い過ぎず)ちゃんと原点にたち戻れるように」

――樋口の腕っぷしの強さや独自の人脈などは、一見昔かたぎな刑事像にも映りますが、橘(真木よう子)の能力をいち早く信頼したりと、柔軟さを持ち合わせているようにも思います。そんなキャラクター像を演じるにあたって意識されていることはありますか?

樋口は特別な人物像ではないので、そんなに(役作りなどが)大変だなっていう感じはないですね。ただ、この物語のハードさに飲み込まれないようにしなきゃいけないなとは思っています。

「シリアスな話だし、ハードな話だから」って自分で思い込んでいくと、(普通に演技をしているつもりでも)眉間にしわを寄せているような表情になりがちなんですよ。

なので、もう少し日常の感覚から「こういう事件に巻き込まれたらどうなのか」とか、ちゃんと原点に立ち戻れるような感じにはしておきたいと思います。

――助けを求める「声」を頼りに動く捜査が本作の大きなテーマで、ひかりの能力こそ人知を超えたものですが、一方で犯罪捜査の描写などは非常にリアリティーを感じました。唐沢さんは刑事役もたくさんやられてきたかと思いますが、そういった本作ならではの描写は演じていていかがですか?

でも、実際ECU(Emergency Call Unitの略称。唐沢演じる樋口が所属することになる捜査チーム)だって存在しないですからね。劇中の刑事の風体は「(こんな刑事)いないよ」っていう感じだし(笑)。

とは言え、捜査をしているシーンでも、見ていただく方たちが「うそだよこんなの」って思わない程度のリアリズムは意識してやりたいなと。

例えば「こんなの無いよ」って思っても、それが本当に「ある」ように見せたいなとは思っていますね。それがうまく行けば、見ごたえのある作品になると思っています。

■ 「アクションシーンはすべて役の延長線上でやるもの」

――セットでの撮影も日々されていますが、ECUの指令室など、セットの印象はいかがですか?

指令室は一番大事なところですから、セットも「気合い入っているな」という感じはありますね。その気合いが視聴者の皆さんにも伝わればいいなと思います。

――これまでお芝居の中でさまざまなアクションをこなしてこられたかと思いますが、本作におけるアクションシーンは他の作品と違いを感じますか?

アクション監督の志向があるので、「今までのものとは違うかな」という感じはしますね。ただ、アクションシーンというのはキャラクター(=役)の延長線上でやるものなので。

やっぱりアクションしている時も演技はしなければならないですし、そのシーンになったら急に切り替わってアクションだけになってしまうとか、そういうのもダメですし。

アクションをやる際は毎回そうなんですけど、すべてにおいて役の延長線上でやるのものだっていう意識をちゃんと持ちながら演じていますね。

――そんな中でも、今回のアクションは犯人を逮捕する上での「捕縛術」であったり、肉弾戦のような動きも多いのかなと思ったのですが…。

う~ん、そういう面でのリアリティーはあまり強くはないかな? 結局樋口というキャラクターは、相手を投げ飛ばして、最後は殴りすぎて顔が変形しちゃうようなところまでやってますから(笑)。

「アクションシーンが見どころ」と言っても良い気はするんですが、今回は絶対的にストーリー性が強いですね。あくまでアクションはエッセンスでありスパイスなので、それがプラスに働くことはあると思うんですけど、それだけじゃないなっていう。

ちゃんと物語が面白いんですよ。ちょっと怖いですけど。ハンマーで殴るとか鉄球で殴るとか…。今までに見たことのないようなドラマになっていると思います。(ザテレビジョン)

最終更新:7/12(金) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事