ここから本文です

古田新太、ムロツヨシとのW主演ドラマで「いつもと違う“悪い田中圭”を楽しんで」

7/12(金) 7:00配信

ザテレビジョン

ムロツヨシと古田新太がW主演を務めるドラマ24「Iターン」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系ほか)が、7月12日(金)よりスタート。

【写真を見る】古田新太が「いつもと違う」と語る“悪い”田中圭

同ドラマは、さえないサラリーマン・狛江(ムロ)が、左遷先の街で岩切(古田)と竜崎(田中圭)の2人のヤクザに振り回されながらも、危機を乗り越えていくバイオレンスコメディー。

今回、古田に作品の印象や見どころを聞いた。

■ 爽快感もあり、泣ける作品

――ドラマの話を聞いた時の印象を教えてください。

正式に話をいただく前に飲み屋でムロと会って、「先輩よろしくお願いします」と言われました。聞いてないことを伝えると「え、2人でバディものを…」と言われて「うん、聞いてない」って(笑)。それで後から話がきたときに「ムロが言ってたわ」となったのが印象です。

――演じる岩切について教えてください。

昭和のザ・ヤクザでかっこいいです。黒のレザーロングコートに、白のマフラーで典型的なスタイルです。ムロがカーディガンとかを着ているので、その対比があって面白いかな。

演じる上では広島弁と北九州弁と神戸弁を合わせたみたいなのを作って、その言葉でムロを罵倒して楽しかったです。ムロのアイデアで毎回殴るシーンを入れることになって、「オイラはいいけど、痛いよ」と言っていたんです。初日から殴るシーンがあり、ムロが吹っ飛んで行ったんですけど「うまい」って言われました。

――作品の印象はいかがですか?

会社のパワハラを跳ね返していく爽快感があり、でも回を追うごとに少し泣ける話になっていきます。狛江は情けない容姿なのに、組長にたたき込まれて「家族も組も会社も守りたい。守りたいものに命を懸ける!」と強い意志が芽生えてきます。その姿が「こいつ頑張っちゃった」という感じで意外に泣けるんです。

リストラを突き付けられ左遷されて、家族に冷たくあしらわれていたのに次第に信用されて、後輩たちからも信頼されて、というのは男性視聴者が「かっこいい」とか「頑張れ」と思うんじゃないでしょうか。

■ “男らしい悪い圭ちゃん”が見どころの一つ

――では、若い女性視聴者に見てほしい点は?

田中圭です!田中圭のゴールデン帯やプライム帯で見られない姿が見れます。早い時間帯でラブラブな役を演じたり、サスペンスドラマに出たりしている圭ちゃんとは違う“男らしい悪い圭ちゃん”が見れるので、若い女性陣は「あれ?圭ちゃんいつもと違うわ」という感じで楽しんでいただければ、おじさん2人は助かります。

――本作の撮影が、女装家の教師を演じた「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)と同時期だったんですよね。

でも役柄の違いはほとんどないです。「俺スカ」の方も「キスするぞ、この野郎」という感じだったので。「やるぞコラ!」と「やるわよコラ!」の違いで語尾だけしか変えていません。オイラは毎回役作りもほぼしないです。現場に行って監督の意見を聞かないとわからないですし。

――現場の様子はいかがでしたか?

ムロの周りには事務員の女の子や奥さん、娘さん、スナックのママなどがいるんですけどオイラの周りには、田中圭ちゃんとか手塚とおるさんとか男しかいなくて。打ち上げでしか女の子と喋ってないので、(鈴木)愛理ちゃんたちともっと飲みに行きたかったな~と思っていました。打ち上げで愛理ちゃんにレモンサワーを教えてあげたことが唯一の手柄だなと(笑)。

■ みんなが幸せになれる先輩からの言葉

――脚本と演出を担当された内田英治氏の印象を教えてください。

内田監督は映画監督なので、やたら「他の民放のゴールデンとかプライムではどうやって撮影しているんですか?」と気にされていました。オイラもムロも「こんなもんですよ」って。でもテレ東の“ドラマ24”は実験枠だと思うので、コンプライアンスにあまり気を使い過ぎず、「怒られたら謝りましょう」という感じでやっています(笑)。

じくじたる思いをしたのは、組長が助手席に乗るシーンがありまして。普通、後部座席に乗るのでありえないんですけど。自分でドアを空けて、自分で閉めてシートベルトをするっていう。こんなに威厳のない組長はいないですよね。台本も、現場でコロコロ変わっていたんですけど、監督は「気持ちよくやってください」といった感じでした。

――撮影中、テレ東の深夜ドラマらしいと感じたことはありますか?

日が暮れてからの巻き方ですかね。民法のゴールデン帯のドラマが「このペースだと夜中の2時、3時になっちゃうけど、丁寧に撮っていこう」となるところを「もう次のカットなし!」「このシーンは繋げちゃえ!」みたいな。

つながりでいうと、いつもドラマの撮影で思うんですけど、「腕時計を9時20分に合わせてください」とか言われるんですけど「見てないよ」って思います(笑)。もちろんちゃんとやりますよ。でもお茶の間の皆さん、ここ(時計)見てます?田中圭見てるだろ!って。「ビール足しま~す」とか見てないでしょ?

――岩切は義理と人情に厚く、狛江を助けていきますが、古田さんも先輩に助けられたエピソードはありますか?

反面教師も含めていっぱいあります。ある先輩が、監督の撮影法で「あれ?」と思うことがあって、「やるけど、画的におかしくない?」と監督に言っていたんです。後からオイラが「食いつきましたね」と話しかけると、「おかしくない?でもやるよ。俺たちの仕事は覚えてきたせりふを言えば帰れるんだから」って言っていたんです。

「その通りだな!!」と思いましたね。自分の気持ちはどうでもいいんだ、みんな早く帰れることが幸せだということです。後輩に伝えていきます。あ、柄本明さんです。(ザテレビジョン)

最終更新:7/12(金) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事