ここから本文です

本日公開!映画「広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版」、主演の黒羽麻璃央「カットがかかっても、食べ続けていました(笑)」

7/12(金) 6:00配信

ザテレビジョン

今年の1月からドラマで放送されていた「広告会社、男子寮のおかずくん」(テレビ神奈川ほか)が映画化され、7月12日より劇場で公開される。

【写真を見る】崎山つばさを優しく見つめる黒羽麻璃央。劇中のワンシーンだ

広告会社に勤める“おかずくん”こと西尾和(黒羽麻璃央)は、東良啓介(崎山つばさ)、北一平(小林且弥)、南郷正(大山真志)と毎週金曜の夜にごはんを持ち寄り癒し合っては、クセのあるクライアントたちに立ち向かっていく。

毎回“飯テロ”と言われた、男子4人の持ち寄りごはんがおいしそ~なこの作品。映画は江の島のイタリアン店を中心に、物語が進む。

2.5次元系の舞台を中心に、活動の幅を広げている黒羽さん。盟友の崎山つばささんとの共演や、本作の見どころについて、聞いてみた。

■ ドラマのときは途中で「あ、主役なんだ」と気づいた

――映画化が決まったときの感想は?

素直にうれしかったです。自分の連続ドラマ初主演の作品が展開的にふくらんでいくのは、役者冥利につきますね。

――ドラマに出演中、途中までは自分が主役だと気づいていなかったとか。

(笑)それくらいリラックスして撮影に臨めたんですよ。ドラマに出演すること自体は初めてではなかったですが、主演は初だなぁと。「あ、そういえば主役なんだ」という気づきは、自分のなかでうれしいサプライズでした。

――それほどリラックスできたのは、共演者の存在も大きいですか?

そうですね、一番はそこだと思います。東良役の崎山(つばさ)さんもいたし、ゆるい空気でやれていました。

――小林且弥さん、大山真志さんとはこのドラマが初対面だったとか。

そうなんですけど、ゆるい二人なので(笑)。初対面から意気投合して、4人でずっと一緒にいました。

――そのときは、どんな会話を?

ごはんの話とか、あとは基本的にセリフを合わせていましたね。撮影が結構バタバタしていたので、合わせまくっていました。

――ごはんの話は、具体的にどんな話を?

米の種類や炊き方とか(笑)。僕は米を炊いていた時期もあったんですけど、虫が湧いて以来、レンジでチンするごはんにしています。劇中でも米担当の北さんを演じる小林さんや、あと南郷役の大山さんは監督が薦めてくれた土鍋を買って、それで米を炊いたらしいです。「すごくおいしい」と言っていました。僕はその会話に入れませんでしたが(笑)。

――劇中で、おかずくんは東良と江の島を二人旅しています。自然体に見えましたが、アドリブ率はどれくらい?

8割くらいじゃないかな。『俺旅。』(若手俳優が旅をするバラエティ番組)みたいなものです。

――実際、崎山さんと『俺旅。』にも行っていましたしね。

そうなんです。『俺旅。』の撮影中も「これ、撮ってるんだっけ?」と二人で言っていたくらいなので(笑)。

――アドリブの打ち合わせは、崎山さんと事前にしたのでしょうか?

いえ、特には。その場その場で、浮かんだことをやっている感じでした。

――おかずくんが東良をお姫様抱っこするシーンがありましたが…。

えっ、そうでしたっけ? それはヤバイですね(笑)。健全な二人です、熱い友情ですから!(笑)

■ 夏バテをする時期に、食欲をそそる映画です

――仕事のフォローをしあうおかずくんと東良ですが、共演の多い黒羽さんと崎山さんも実際に仕事で支え合ったりしていますか?

仕事で支え合う、というよりは、プライベートでごはんを食べたり買い物へ行ったりする、気の許せる友人と仕事をしている感覚です。あと、誕生日を祝ってもらいましたが。

――どんな風に祝ってもらったんですか?

サプライズでした。その日の昼、崎山くんと会っていたんですけど、夜は彼と共通の知り合いと会っていたんですね。日付が変わった瞬間に「サプライズで人が来ます」と知り合いが言って、現れたのが昼間も一緒にいた崎山くん(笑)。「さっきまで一緒だったじゃん!」と笑いながらも、嬉しかったです。僕は俳優仲間とプライベートで遊ぼうとはあまり思わなくて、唯一そう思えるのが崎山くんです。上京して初めて、人と一緒に誕生日を過ごしました。

――いい関係ですね。一方で、出てくる料理も大きなポイントとなる映画です。今回、印象に残っている一皿は?

江の島のペスカトーレです! ペスカトーレを食べること自体が初めてだったんですが、海の幸をふんだんに使っていて、めちゃくちゃおいしいんですよ。カットがかかっても、食べ続けていました(笑)。ほかのお料理も全部おいしくて、食費がだいぶ浮きましたね。あと「ハナキン持ち寄りごはん会」の麻婆豆腐はキツかった! すごくからくて、汗がすごいことになっていました(笑)。

――この作品の見どころ…いや、“おかずどころ”を教えてください!

夏バテで食欲を失いがちなこの季節に、食欲をそそる映画だと思います。さらに仕事に対する姿勢や夢を追うことの大切さを実感できる作品なので、みなさんの日々の活力になればうれしいです!

(ザテレビジョン・取材・文=篠崎美緒)

最終更新:7/12(金) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事