ここから本文です

フェデラーに敗れたが、錦織圭の メンタルとテニスは安定してきている

7/12(金) 7:37配信

webスポルティーバ

「フェデラーと、ここでやれてよかったです。負けはしましたけど、強いフェデラーとやれたのは、すごくいい経験になったと思います」

【写真】マイアミオープンでも好調だったロジャー・フェデラー

 29歳の錦織圭は、自分が最も尊敬している選手であり、37歳になってもなお強さを保っているロジャー・フェデラーと、ウインブルドンのセンターコートで初めて戦えた幸運をかみしめた。同時に悔いも残った――。

 ウインブルドン準々決勝で、第8シードの錦織(ATPランキング7位、7月1日づけ/以下同)は、第2シードのフェデラー(3位、スイス)に、6-4、1-6、4-6、4-6で敗れて自身初のベスト4進出はならなかった。

 第1セット第1ゲームで、錦織がいきなりフェデラーのサービスをブレークする最高のスタートを切る。

「圭は優れたリターンをする選手。彼がリズムを見出している時は、自分のやりたいことがクリアになっている。いつもアグレッシブにプレーしてきて、とても危険な選手。もしサーブをいいコースに狙えなければ、圭はポイントにつなげられるタフさがある」

 こうフェデラーが評価したように、錦織は、フェデラーの甘くなったセカンドサーブをベースライン付近からステップインして、クロスやダウンザラインへリターンエースを打ち込んだ。フェデラーのセカンドサーブをリターンから攻略し、錦織が得意とするショットメイクによってポイントにつなげたため、第1セットでフェデラーのセカンドサーブポイント獲得率は36%にとどまった。

「1セット目はすごくリターンが合っていました。そこはかなり思い切って攻めていけたかなと思う」と語った錦織が、ワンブレークのリードを活かしてセットを先取した。

「試合序盤は自分にとってつらい時間帯だった。大事な時に良いサーブを打てるよう模索していましたが、必ずしもサーブ全体がだめだったとは思っていません。反撃を試みたけど、第1セットでは圭が自分より少しプレーがよかった」(フェデラー)

 第2セットに入ってから立て直しを図ってきたフェデラーは、「力強いスタートを切ることが重要だった」と、第2セット第2ゲームで、錦織のサービスをラブゲームで初めてブレークに成功。錦織が握っていた試合の流れは止まり、落ち着きを取り戻したフェデラーが本領を発揮し始めた。

1/3ページ

最終更新:7/12(金) 7:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事