ここから本文です

レスリング元世界女王・山本美憂が「伊調馨vs川井梨紗子」を解説。東京五輪金メダル候補は男子にも!

7/12(金) 7:00配信

週プレNEWS

7月6日、埼玉・和光市総合体育館で「レスリング世界選手権代表選考プレーオフ」が行なわれた。注目の女子57kg級では、リオ五輪金メダリストの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)に勝利し、世界選手権(9月、カザフスタン)の代表に決定、東京五輪連覇へと前進した。現在グアム在住で、このプレーオフを見るために帰国していた元世界女王の山本美憂が、川井vs伊調ほか注目の試合を解説!

【写真】山本美憂が注目する東京五輪メダル候補レスラー

***

――美憂さんは現在、MMA(総合格闘技)ファイターとして活躍していますが、今でもレスリングはよく見ているんですか?

美憂 見てますよ。前は好きな選手の試合しか見てなかったけど、レスリングを離れてMMAをやるようになってからのほうが、世界のいろんな選手をよく見るようになった。常にトップレベルの闘いを見ておきたいので、チェックしてます。今回のプレーオフもすごく楽しみにしてた!

――世界選手権の代表は、12月の全日本選手権(天皇杯)と、6月の全日本選抜選手権(明治杯)の優勝者から選ばれます。昨年12月の天皇杯は伊調選手が優勝、今年6月の明治杯は川井選手が制したため、今回のプレーオフが組まれました。ほぼ確実にメダルが期待される階級ではこれが事実上の五輪最終予選と言われているので、レスリング界では最も盛り上がるといっても過言ではないイベントですね。

美憂 そう。オリンピックまでの過程の重要な大会だし、日本のレスリングのレベルはすごく上がっているから、日本の大会の決勝が事実上の世界一決定戦だったりする。伊調選手と川井選手の試合も、オリンピックの決勝戦と言ってもおかしくないレベルだった。

――美憂さんはこのふたりに思い入れはありましたか?

美憂 (レスリングの)現役時代に、川井選手のお母さん(初枝さん)とチームメイトで、すごく仲がよかったの。梨紗子のことは子供の頃から成長を見てきたから、思い入れはあった。伊調選手とは合宿とかで会話したことがあるくらいだけど、いろんなことを乗り越えて戻ってきたから、感心するというか、偉いと思う。

――約2年のブランクを経て、35歳で復帰というのはすごい。美憂さんも引退、出産などを経て何度も復帰しましたけど。

美憂 年齢の話になると、私は参考にならないね(笑)。本人の体調、精神面、いろいろあるので、年齢は基準にしないほうがいいと思うけど、伊調選手はうまく調整して、ブランクを埋めてきたなって思いました。

1/3ページ

最終更新:7/12(金) 7:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.35
8月19日(月)発売

定価400円(税込)

プロ野球「真夏の怪談」/「大人の引きこも
り」ゼロを目指すスゴイ自治体/6億円当て
た男の「大逆転人生論」【グラビア】えなこ
&似鳥沙也加/平祐奈/脇田穂乃香 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事