ここから本文です

こじらせ大人の恋愛ものや熱血お仕事系も 夏ドラマ5選

7/12(金) 9:55配信

日経doors

この夏スタートするドラマの中から、おすすめの5作品をピックアップ。恋愛ものからお仕事系まで、どれもdoors世代の等身大の姿を描いたものばかり。見どころ満載の夏ドラマを早速チェックしてみよう!

【関連画像】

 この夏スタートするドラマには、女性主人公から元気をもらえる作品が多数登場。こじらせた大人の恋愛ものから、実力派俳優の演技合戦で見せるコメディー作品、少しビターな成長物語など、様々な作風がそろった。さっそく紹介していこう。

●偽装不倫

 『偽装不倫』(日テレ系)は、32歳の独身、彼氏なしの鐘子が、一人旅の飛行機の中で7歳年下の丈と出会い、とっさに既婚者のふりをしてしまうところから始まるラブストーリー。丈から食事に誘われ、「人妻」という嘘設定を引きずったまま楽しい一時に心を奪われていると、丈から「この旅行の間だけでいいから僕と不倫しませんか」と提案される。

 『海月姫』や『東京タラレバ娘』などが映像化されている、東村アキコのマンガが原作。連ドラ出演は4年ぶりの杏が主演し、相手役にはモデル出身で25歳の宮沢氷魚が抜てきされた。脚本は、『のだめカンタービレ』(06年)や『サバイバル・ウェディング』(18年)など、恋愛ドラマを得意とする衛藤凛。杏主演で、第1シリーズは平均視聴率16.0%、第2シリーズでは14.5%とヒットした、『花咲舞が黙ってない』(14年、15年)を手掛けたプロデューサーと演出家のチームによる作品となる。

偽装不倫

7月10日スタート 水曜22時 日本テレビ系

●凪のお暇

 反対に、恋も何もかも捨てて逃げ出す話が『凪(なぎ)のお暇(いとま)』(TBS系)だ。主人公の凪は、いつもニコニコしながら人の顔色をうかがい、理不尽な仕事を振られてばかりいた。場の空気を読み、周りに同調することで自分の平和を保っていたが、ある日彼氏が放った一言で心が折れて人生のリセットを決意。会社を辞め、家を引き払い、携帯電話も解約し、彼氏や知り合いとの連絡を絶って、東京郊外のボロアパートに引っ越す。

 『獣になれない私たち』(18年)での、屈折したニート役が記憶に新しい黒木華が主演する。凪を追いかける元彼を高橋一生、人との距離感がゼロな危険な香りがする隣人を中村倫也が演じる。原作は、『Eleganceイブ』で連載中のコナリミサトのマンガ。「ananマンガ大賞」など数々の賞に選ばれており、累計発行部数は250万部を突破している。脚本は、『早海さんと呼ばれる日』(12年)や『あなたには帰る家がある』(18年)などの大島里美が担当する。

凪のお暇

7月19日スタート 金曜22時 TBS系

●Heaven?~ご苦楽レストラン~

 マンガ原作では『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)の期待値も高い。1990年から2003年まで『週刊ビック コミック スピリッツ』で連載された、『動物のお医者さん』などでも知られるヒットメーカー・佐々木倫子の作品となる。「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という、自分の欲求のためだけに墓地にフレンチレストランを開いた風変わりなオーナーの仮名子と、個性豊かな従業員たちが繰り広げるコメディ。登場人物一人ひとり欠点を抱えており、戦力的には一流とは言えない。しかし、様々なトラブルに巻き込まれて一致団結するうちにそれぞれが自分の居場所とやりがいを見つけ、仮名子を中心に最高のチームになっていく。

 石原さとみが変わり者のオーナーをコミカルに演じるほか、笑顔が苦手なサービスマンに福士蒼汰、天然キャラで飲食店で働いた経験がないウエーターアシスタントに志尊淳。勝村政信、段田安則、岸部一徳のベテラン勢が脇を固める。映画『ヒロイン失格』(15年)や『センセイ君主』(18年)など、コメディー作品に定評のある吉田恵里香が脚本を担当。プロデューサーと演出は、16年に平均視聴率17.2%、18年のSEASONⅡでは17.6%を獲得した『99.9-刑事専門弁護士-』(16年、18年)の座組となる。

Heaven?~ご苦楽レストラン~

7月9日スタート 火曜22時 TBS系

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 9:55
日経doors

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ