ここから本文です

ゆうちょ銀行に公取委の足音、スマホ決済事業者に高額請求

7/12(金) 16:00配信

日経ビジネス

 スマホ決済事業者に対し、ゆうちょ銀行が入金する際の手数料値上げを要請していることが明らかになった。公正取引委員会も実態調査に乗り出しているもようだ。市場価格から大きく乖離した手数料を要求するゆうちょ銀の行為が、独占禁止法が定める優越的地位の濫用に当たる可能性も指摘されている。

【写真】ゆうちょ銀は接続を希望するスマホ決済事業者に対して「チャージ金額の1%」(新興のスマホ決済事業者)を要求。「およそ他銀の5~6倍に上る」という

 問題となっているのはスマホ決済事業者と銀行の間で取り決める手数料。スマホ決済サービスを利用する場合、利用者はクレジットカードや銀行口座を登録し、チャージ(入金)してから利用するケースが一般的。銀行がスマホ決済事業者に請求する手数料は各行で異なるものの、「1回当たりのチャージで数十円程度」(スマホ決済事業者)とされている。

 ゆうちょ銀の場合は「即時振替サービス」の利用料に当たる。ゆうちょ銀は接続を希望するスマホ決済事業者に対して「チャージ金額の1%」(新興のスマホ決済事業者)を要求。事業規模にもよるが複数のスマホ決済事業者によれば「およそ他銀の5~6倍に上る」という。加えて、既にゆうちょ銀と接続をしているスマホ決済事業者に対しても手数料の大幅な値上げを迫っているようだ。

 2019年6月24日に開催された金融庁設置の「決済高度化官民推進会議」の場で、業界関係者が驚いた一幕があった。

 委員として出席したヤフーの中谷昇執行役員兼政策企画統括本部長は具体的な金融機関名は避けながらも「(金融機関との)接続コストは低いことが望ましいものの、実際は手数料を6倍にするなど逆のパターンが多いのではないか。このようなケースはキャッシュレス化推進に逆行する動き」と発言。出席していたスマホ決済事業者は「名指しこそ避けたもののゆうちょ銀行の件だ」とすぐに気づいたという。

 なぜ、ゆうちょ銀がこのタイミングで手数料値上げに動いているのか。

 一つの理由はゆうちょ銀自身が2019年5月8日に開始したスマホ決済サービス「ゆうちょPay」の存在が考えられる。

 あるスマホ決済事業者の幹部は「ゆうちょ銀からの入金に対応しようと交渉を試みたがゆうちょPayの開始まで協議の場すら設けられなかった」と明かす。ゆうちょPay開始後に連絡が来て、他の金融機関とは大きくかけ離れた「法外な手数料を要求された」(スマホ決済事業者幹部)という。

 もう一つの理由は、民営化に伴うひずみだ。ゆうちょ銀では2019年6月、高齢者に対する投資信託の不適切販売が発覚。同じく日本郵政グループのかんぽ生命保険では保険料の二重徴収の疑いが発覚するなど、次々と問題が顕在化している(関連記事「かんぽ保険料二重徴収『年内にご報告』のお粗末」参照)。

1/2ページ

最終更新:7/12(金) 16:00
日経ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい