ここから本文です

このままだと菊池雄星は平凡な投手になってしまう/廣岡達朗コラム

7/13(土) 10:59配信

週刊ベースボールONLINE

大切なのはバランス

 野球で大切なのはバランスである。

 王貞治の一本足打法、あれは何のためにやっていたか。打球を遠くへ飛ばすために反動をつけるのだという人が多い。そうではない。バランスを安定させるためだ。現役時代に王は、軸足である左足一本で立ち続ける練習を徹底的にやっていた。最終的には右足がすっと上がった、俗にいうフラミンゴの体勢を保ったまま、周りが押そうが引こうが体の軸は微動だにしなくなった。かくして通算868本の本塁打は生まれたのだ。

【動画】大谷翔平ほか日本人メジャーリーガー MLB映像配信中!

 少なくとも王は、いまの西武の四番打者・山川穂高のように、ボールを打ち損ねたからといってひっくり返るようなマネはしなかった。

 山川の場合、バットを構えた状態から、受け身にならずに、打ちに行っている。そこが見どころであり、ホームランを量産している。ただ、あそこまで振り回す必要はどこにもない。芯でとらえさえすれば、いまの飛ぶボールなら楽々スタンドへ放り込むことができる。合気道で藁を切るには、静止状態から日本刀をダウンスイングで振るえばいい。山川には、シーズンオフの合気道特訓を勧めたい。

 日本で二段モーションが許可されたのはいいことだ。ピッチングとは本来、一段モーションですっと行くべきだ。それを二段にするということは、踏み出す足を2回目に上げたときにバランスを取らないと立てない。そこに留意して成績が上がった投手は少なくない。

 一方で、なぜアメリカのマネをして、右投手なら投げた後に一塁側に体が流れるのか。体の軸を一塁側に倒すと、投げる右手は自然と上に上がる。これを是とするのが根本流(根本陸夫・元西武監督ほか)の教えだ。私は根本流では、ボールに力は伝わらないと考えている。軸を地面と垂直にした上で、ミットめがけて投げれば、ボールを体から遠くでリリースでき、バッターから見れば打ちづらくなる。バランスもいい。

 先日、大学選手権の決勝戦を見ていたら、一塁側に体を倒して右手が最高地点に達したところで、カーブを投げている投手がいた。あれがプロで通用するはずがない。素材はいいのに、やり方が違う。指導者はもっと素材を生かしてやるべきだ。

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 16:31
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事