ここから本文です

財布・冷蔵庫・クローゼット断捨離 30日で節約習慣

7/13(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

暮らしを整えるといっても、何から手をつけていいか分からない人向けに、30日間に分けて財布や冷蔵庫、クローゼット、家計などを断捨離していくプランを提案。その結果、生活スタイルがシンプルになり、お金がたまる節約習慣を身につけることができる。早速チャレンジしてみよう。


■STEP1 財布を整える

【DAY1】カードの枚数を絞る
クレカやポイントカードはよく使うものだけに絞ると、ポイントが効率良くたまる。月1回も使わないカードは見直して。


【DAY2】不要なレシートを捨てる
財布がスッキリすると残金が把握しやすく、お金を大切に使いたい気持ちに。帰宅後、レシートを取り出す習慣をつけて。


【DAY3】財布に入れる金額を決める
財布に入れるお金は毎週日曜に1万円など、金額とペースを一定に。残金と日数を見てやりくりでき、使いすぎ防止に。


■STEP2 冷蔵庫・食材を整える

【DAY4】「賞味期限切れ」を捨てる
捨てるついでに、使い切れなかった食材を分析。「苦手な食材」「買いすぎ」など、理由が分かれば次から気を付けられる。


【DAY5】使わない調味料を捨てる
自分が使いやすい1軍の調味料のみに。「これ以外は買っても使い切れない」と自覚し、ムダ買いを改めるきっかけに。


【DAY6】冷凍庫の中身を見直す
いつ冷凍したか分からない肉や野菜、作り置きのおかずがないか確認。収納方法も見直し、中身が一覧できる工夫を。


【DAY7】食品ストックを整理
調味料や乾物、麺類などは、ストックする量を決め、不足分だけ買い足すよう仕組みづくりを。安価に踊らされないコツ。


【DAY8】1週間分の献立を決める
事前に献立を決めれば必要な食材だけを買え、ムダがゼロに。日々の献立に悩まずに済み、外食や総菜に逃げることも減る。


【DAY9】食費の予算を決める
食費が整うと、家計全体も整いやすい。無理のない予算を決めてやりくりに挑戦! 食費専用財布を作るのもおすすめ。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい