ここから本文です

野村克也が語る「オールスター」

7/13(土) 18:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

他捕手のリードを見て「自分なら……」と考えた

1970年、球宴第2戦での太田幸司[左]と筆者/写真=BBM

 今年のオールスターゲームのファン投票、選手間投票に続き、監督選抜選手が発表された。残るプラスワン投票の結果発表は7月9日だから、この号の発売日前日にはすべての出場選手が決まっているはずだ。

 私の現役時代は今と違って交流戦もなく、セ・パのチームが対戦する機会と言えば、ほんの数試合のオープン戦とオールスター、日本シリーズぐらいしかなかった。だからオールスターの晴れ舞台で『人気のセ、実力のパ』を証明してやろうと、全パの選手たちは大いに張り切ったものだ。

 私は21回、オールスターに出場した。編集者に「初めて出場したときは緊張しましたか?」と聞かれたが、なにぶん60年以上前の話(1957年)なので、どうだったかな(笑)。

 それで思い出したのが、1970年のオールスターだ。前年、三沢高のエースとして甲子園を沸かせた太田幸司が、近鉄バファローズに入団。プロでも“コーちゃんフィーバー”は続き、ファン投票1位でオールスターに選ばれた。太田は一軍にはいたものの前半戦、中継ぎ登板による1勝のみ。まだ実績もない中で担ぎ出された舞台に、緊張したのだろう。第1戦(神宮)の6回裏、大歓声のなか登場した太田はストレートが上ずり、なかなかストライクが入らなかった。結局打者5人に対し被安打2、与四球2で失点2。一死しか取れずにマウンドを降りた。

 私は6回表の攻撃で、すでにお役御免となり、ベンチでその様子を見ながら・・・ 本文:2,062文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/13(土) 18:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る