ここから本文です

東京五輪支える女性たち 選手・行政の経験生かし奮闘

7/13(土) 10:12配信

NIKKEI STYLE

2020年東京五輪が1年後に迫った。世界の出場選手の女性の割合は過去最高の49%になる見込みだ。「おもてなし」の最前線に立つ都市ボランティアも女性が6割を超える。アスリートや観客、ボランティアを様々な角度から支えているのは、競技生活や被災地支援、行政などいろんな分野で経験を積んだ女性たちだ。現場で奮闘する姿を追った。

■JOC・地域連携 石野枝里子さん スポーツで地域に光

石野枝里子さん(33)はスピードスケート選手として06年のトリノ冬季オリンピックに出場し、チームパシュートで4位になった。14年に現役を引退、現在は日本オリンピック委員会(JOC)のスタッフとして、国内最高レベルの競技者用運動施設「味の素ナショナルトレーニングセンター」(味の素NTC、東京・北)で勤務する。目標はスポーツによる地域の活性化。「多くの人たちに支えられて世界で戦えた。今度は私が支える」と目を輝かせる。
国は地方の施設28カ所を主に五輪競技別の「強化拠点施設」に指定している。石野さんの仕事は全国各地にある施設の機能を味の素NTCにより近づけて選手の練習環境を整備するのがミッションだ。
地方拠点はラグビーや自転車などの屋外競技、スキーやスケートなどの冬季競技、ヨットやカヌーなどの海洋・水辺系競技が対象だ。石野さんは「選手時代の経験から、ほとんどのトレーニング機器の特徴は把握している。勉強したので五輪の競技ルールは夏も冬もほぼ理解している」と自信を持つ。努力して蓄えた知識とこれまでに培った粘り強さが仕事を支える。
味の素NTCの体操練習場は男子6種目、女子4種目のオリンピック種目を同時に練習できる。柔道場は約千畳の広さを誇る。ただ、地方に味の素NTCと同じものは作れない。そこで「指定施設と大学、病院、食堂、ホテルなどその土地にあるリソース(資源)を結びつける」ことで地方版「ミニNTC」をつくる。
「競技特性に合ったトレーニング機器を導入するには」「他の施設が取り組む栄養面の地域連携を知りたい」。石野さんには競技団体や指定施設からあらゆる相談が日々寄せられる。求めに応じて団体や施設、行政との会議に参加してアドバイスや意見を言う。
選手生活を離れてから、女性がスポーツ分野で活躍するための課題も見えてきた。「小さな子供を持つママ・アスリートを含め、多くの女性がトレーニングしやすい環境をつくる」。ミニNTCの整備はその一端を担う。
石野さんは中学時代にジュニア育成プログラムで海外遠征に参加し「世界で戦える人を目指すようになった」。トリノ五輪大会中、地元の北海道帯広市は夜中にパブリックビューイングを開いて応援した。ふるさとの温かさを心に刻む石野さん。拠点施設の競技が地域振興の核となり、地方に活力を生み出すことを願う。

1/3ページ

最終更新:7/13(土) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事