ここから本文です

西野七瀬、過去写真集がランキング上昇 『あな番』好演から注目度上昇か

7/13(土) 8:10配信

コンフィデンス

 昨年末に乃木坂46を卒業し、女優・タレント・モデルとして活躍中の西野七瀬の1stフォトブック『わたしのこと』(2018年5月発売)および2nd写真集『風を着替えて』(2016年9月発売)が異例の推移を見せている。『風を着替えて』は、発売から約3年が経つ、7/1付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」で39位に浮上。その後も30位台をキープし、最新7/15付では35位(累計売上18.3万部)にランクインしている。

【写真】フォトブックのお気に入りカットを紹介する西野七瀬

 西野は、4月からスタートした2期連続ドラマ『あなたの番です』(日テレ)に出演。マンションの住民同士で交換殺人が繰り広げられるミステリーサスペンスで、主人公とともに犯人を探す女子大生役を好演している。前半となる4月期では、登場人物のなかの1人としての存在だったが、その後半から、後編となる7月期『~-反撃編-』のスタートにかけて物語が急展開。西野演じる役柄が、数々の殺人事件の謎に関係する最重要人物の1人と思わしきストーリー展開になり、一躍注目度が高まっている。

 同ドラマは、放送後にツイッターのトレンドワードで1位を獲得するなど、視聴者による“考察”でも盛り上がっている、今まさに話題沸騰中の作品。そんな同作での彼女への注目度が、写真集の売り上げにも波及しているようだ。

 それは『風を着替えて』だけではない。昨年5月に発売された1stフォトブック『わたしのこと』は、今年に入ってからもほぼ毎週TOP50内をキープするロングヒット中だが、この6月からの推移を見ると、6月中は30位台を推移していたところ、7月は20位台へ上昇。累計売上は18万部に迫り、まだまだ伸ばしていきそうな勢いを見せている。

 西野は現在、同作のほか、『グータンヌーボ2』(関西テレビ・フジテレビ系)、『ライオンのグータッチ』(フジテレビ系)など情報バラエティでも活躍中。フォトブックおよび写真集の売上推移からは、アイドル時代とは異なる一般層へのアプローチに成功しており、西野本人への関心を高めるファンが増えていることがうかがえる。ヒットドラマとの出合い、そこでの好演から、女優としての新たなステップを上がろうとしている。

最終更新:7/13(土) 8:10
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

8/19・8/19号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
加来聖子氏(GAKUON ユニティ・フェイス代表取締役社)
女性である自分が持っている心遣いとやり方で、
しなやかな対応をしていきたいと思っています

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい