ここから本文です

“完璧”なカラー設定「Solarized」の魅力は、計算し尽くされたものだった

7/13(土) 12:15配信

WIRED.jp

数年前、あるカラースキームに惚れ込んでしまった。ディープグレーの背景に、オフホワイトのテキスト。アクセントとしてバターのようなイエローがかったオレンジと、ニュートラルブルーを取り入れている。長編SF小説『ニューロマンサー』の著者ウィリアム・ギブスンの言葉を借りるなら、「放送を休んでいるときのテレビ画面のカラー」といったところだろうか。

【全画像】“完璧”なカラー設定「Solarized」

これはmacOS向けの人気テキストエディター「TextMate」で展開されている「Solarized Dark」というカラーテーマの話である。正直に言うとSolarizedのことは、当初はそれほど深くは考えていなかった。しかし、ほかのカラースキームでは仕事ができなくなっていることに、ほどなく気づいた。画面を日がな1日見つめていると、フォントと色の好みにうるさくなることがあるものだ。

Solarizedから離れらなくなったのは、わたしだけではないこともわかった。コーディングを職業にしているわけではないが、メモの作成や整理に好んでテキストエディターを使っている。MacからWindowsに切り替えたあとにツールを探していたところ、Solarized Darkと、同じ16色のパレットを使った「Solarized Light」をほとんどそこらじゅうで見るようになっていた。

どのくらい多くのプログラマーがSolarizedを使っているのか知るのは難しい。無料のオープンソースなので購入者の記録はないのだ。主要なテキストエディターや、そのほかたくさんのプログラミングツールに利用されている。マイクロソフトも人気テキストエディター「Visual Studio Code」をSolarizedに連動させているように、Solarizedには根強いファンがついているのだ。

偶然の産物ではない

「ターミナルのウィンドウにSolarizedがないと、違和感があってどうも落ち着かないですね」と語るのは、ヴァージニア州リッチモンド在住のプログラマー兼アーティストであるザカリー・ビルだ。彼はSolarizedが公開された直後の2011年から、これを使ってきた。Solarizedが大好きで、コンピューターでつくり出す自身の作品のカラースキームとして利用している。

「暗い環境と明るい環境のどちらでもバランスがとれていて見栄えもよいパレットを、自分の力で生み出せるとは思っていませんでした」と、彼は語る。

Solarizedは偶然の産物ではない。開発したイーサン・シュノーヴァーによるディテールへの心配りが、これでもかとばかりに反映されている。「すべてが満足できる色になり、数学的に見て調整がとれたと1,000パーセント確信できるまでは公開しませんでした」と、シュノーヴァーは話す。

「色を調整したものから、わざと狂わせたものまで、たくさんのモニターを用意しました。こうしたものをときおり見せられた妻は、わたしの頭は少しおかしいと思っていたのです」

1/4ページ

最終更新:7/13(土) 12:15
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事