ここから本文です

吉本芸人が「闇営業」に手を染める真相と次に消される闇芸人

7/13(土) 8:03配信

FRIDAY

「『2700』さん、私、『スリムクラブ』さんの順番で1組10分くらいネタをやって、ネタが終わったあともそのまま会に参加しました。知名度のある『2700』さんと『スリムクラブ』さんに(パーティの客から)声がかかることが多くて、私はちょっと離れたところにいました。

スリムクラブ 「闇営業」パーティーの写真はこちら

ギャラは3組で30万円。会が終わったあと、封筒に入った状態でわたされました。それをお店の外で私が分配しました。10万円ずつです。領収書はありませんでした。相手の素性については、ホントに知らなかったんです」

疲れた様子でそう語るのは、モノマネ芸人のバンドー太郎(48)。本誌6月28日発売号で明らかになった、人気お笑いコンビ『スリムクラブ』による稲川会幹部への闇営業を仲介した男だ。

本誌が『スリムクラブ』らの所属先である吉本興業に取材を申し込んだのは、6月24日。それを受け、吉本から『スリムクラブ』らへ聞き取り調査があったのだろう。発売2日前の26日、バンドー太郎のもとへこんな電話があったという。

「電話は、『スリムクラブ』の内間(政成・43)さんと『2700』のツネ(36)さんからありました。『バンドーさんすみません。以前行った営業の件で』から始まって、『僕らどんな格好でしたっけ?』とか『どんな会でしたっけ?』とかそういうことを聞かれました。怒ってる様子はなく、普通の聞き方でした。

その後、彼らの謹慎が発表された。私自身の(モノマネの)仕事は数えるほどありませんでしたが、報道以来、それすら断られている状況です。一応、8月まで仕事があるのでそれが終わったら休止しようと思っています。もしかしたら、そのまま消えるかもしれません……」

吉本芸人と暴力団や犯罪集団の「密接交際」が続々と明らかになっている。いったいなぜ、彼らはこれほど安易に「闇営業」に手を染めてしまうのか。’00年代に人気を集めた元吉本芸人が語る。

「簡単に言えば、食えないからですよ。吉本ってホントに契約書がなくて、ギャラの取り分も事務所にすべて決められてしまう。僕の場合は、テレビ番組1本につき1万円くらい。吉本とは話し合いすらないので、テレビ局が実際に支払っていた額は、いまも知りません。劇場でのネタ見せは1回5000円くらいでした。

自分で言うのもなんですが、僕は関東でレギュラー番組も持っていましたし、そこそこ知名度があった。それでも事務所を通した仕事だけでは、月の給料は10万円ちょっとが精一杯。かといって、顔が知られているからバイトをするわけにもいかない。となると、自分で仕事を取ってくるしかないんですよ。いまだから言えますが、なかには反社の人たちのパーティもあったと思います。闇営業1回で、少なくとも10万円はもらえましたね」

レギュラー番組があっても月10万円――。だからと言って許されるわけではないが、吉本芸人がこぞって闇営業をする背景には、「安すぎるギャラ」問題があるのは間違いない。

一方、宮迫博之(49)らの闇営業を報じて以来、本誌編集部には情報提供の電話が殺到している。

たとえば、テレビに引っ張りだこの人気お笑いトリオ。彼らは3人そろって指定暴力団幹部の誕生パーティに参加。その幹部との記念写真にきっちり収まっているという。

ピン芸人『C』と『N』、人気コンビ『E』の4名は、半グレ集団のプライベートパーティでネタを披露。やはり記念撮影もしたようだ。

さらには、レギュラー番組を数多く持つ大物芸人も、指定暴力団幹部とつながっている可能性がある。この芸人は大物だけあり、闇営業をしたわけではないが、暴力団幹部と何度も食事をともにするほど親密なようだ。

これらの情報提供については事実関係が確認でき次第、詳報するが、吉本の芸人たちはいまや上を下への大騒ぎだ。事務所を通さない営業をしたことのある者全員が、仲介者に電話をかけ「あれは大丈夫ですよね?」と確認。相手が反社だったかもしれないと疑心暗鬼になり、切羽詰まった様子で社員に相談する者も後を絶たないという。

「テレビから消される」闇芸人がさらに続出する様相を呈してきた。

『FRIDAY』2019年7月19日号より

最終更新:7/13(土) 8:03
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事