ここから本文です

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏

7/13(土) 9:05配信

サライ.jp

――「やさぐれ会」も実在するんですよね?

兄:みんなうちの近所に本当にいる子たちです。先日もまむしちゃんが遊びにきました。「やさぐれ会」の子って世話になっている家があるせいか、ウチには見廻りに立ち寄るだけって感じです。来てジっとして人のことを睨んで帰ったり。

おしっこだけして帰る子とか、オサムさんとあいさつだけして帰る子とかいて謎なんですけど(笑)、たまに顔を出してくれると楽しいし安心します。うちに居ついてくれてもいいし。リボンの話も、オサムさんやつーさんの友達っていうのも実話です。

つしま:あいつらみんないい奴だよ。ただ、ニンゲンには決して心を開かないんだよ。

――つーさんの日常をはじめ「やさぐれ会」に個性的な近所の方々……。2巻に登場したしず子やテルオのその後の話にも興味津々で、この後も楽しみでたまりません。

兄:ただ、最近みんな慣れてきてすごく甘えん坊で、絵を描く時間があまり取れないんです。つーちゃんの様子を見て、ちゃーちゃんもオサムさんもそれをマネて、信頼してくれるようになったのかもしれません。

つしま:俺、「こいつら大丈夫だよ」って説得したんだよ。

兄:ありがとうね、つーさん。オサムさんも最近はヒザの上がお気に入りで、そうすると集中して描けないんですよ。でも、もっとツイッターも更新できるようにがんばります。

つしま:がんばれよ。

――2巻の付録のポストカードも好評です。1巻を買ってくれた皆さんへのお礼も兼ねて、2巻は何か特典をつけたいという「おぷうのきょうだい」の強い希望でした。

兄:いくつかイラストを描いて2種類に絞ったんですが妹と意見が割れてしまいました。それでツイッターでポストカードの絵柄のアンケートをして、フォロワーの皆さんに投票をお願いしました。

そこで「両方つけてほしい」という意見が多くて、それを小学館さんが汲み取ってくれて、ポストカード2種類の2枚を特典につけることができました(初版と2版だけでなく3版につくことも決定)。

2/3ページ

最終更新:7/13(土) 9:05
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事