ここから本文です

初めての逮捕は交通事故で。リンジー・ローハンのお騒がせゴシップ年表【前編】

7/13(土) 23:00配信

コスモポリタン

キッズモデルとしてデビュー以来、ティーンのアイドルとして君臨し、女優としても歌手としても才能を発揮! モード界もラブコールを送る抜群のおしゃれセンスで、ファッショニスタとしても注目の的だったリンジー・ローハン。絶大な人気を誇るスーパーセレブだったが、数々のトラブルや失敗を重ねて、キャリアは低迷。聞こえてくるのはゴシップばかりになってしまったけど、持って生まれたスター性なのか、やっぱり気になる存在! というわけで、7月2日(現地時間)にお誕生日を迎えた彼女の、波乱万丈すぎる半生を振り返ってみました。

わずか3歳でモデル事務所と契約

1986年7月2日、ニューヨーク・ブロンクス生まれのリンジー・ローハン。グリーンの瞳と赤毛とそばかすがチャームポイントのリンジーは、3歳でモデル事務所と契約し、ピザ・ハット、ウェンディーズ、GAPなど、60ものTVコマーシャルに登場。1996-7年TVドラマシリーズ『Another World(原題)』で子役としてデビュー、1998年ディズニーの『ファミリー・ゲーム/双子の天使』で映画初出演。2002年ディズニーチャンネルのTV映画『Get a Clue(原題)』で主演を務めるなど、めきめきと注目度アップ。

ヒット映画に出演し、一躍ティーンのアイドルに

ブレイクを果たしたのは、ジェイミー・リー・カーティスと共演した2003年公開の映画『フォーチューン・クッキー』。続いて、学園コメディの名作として今も人気が高い2005年公開の映画『ミーン・ガールズ』で主人公ケイディを演じ、一躍ティーンのアイドルに。当時まだ駆け出しだったレイチェル・マクアダムスやアマンダ・サイフリッドの出演も話題になったこの作品で、2004年MTVムービー・アワードとティーン・チョイス・アワードを受賞。

歌手としてもデビュー!

アメリカで2004年に公開された映画『彼女は夢見るドラマクイーン』のサントラで、歌声を披露していたリンジーは、2004年12月アルバム『Speak』で歌手デビュー。ビルボードのアルバムチャート4位を記録し、全米だけでも100万枚を突破するヒット作に。リンジーは小さい頃から歌うのが大好きで、ギターも演奏できるそうで、アルバムには彼女自身が作詞を手掛けた曲も収録され、プロデュースにもできる限り関わったんだとか。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事