ここから本文です

NPBオールスター、鈴木誠也の特大弾でセが2桁10点!パの反撃に対抗 高橋周平は4打席連続H

7/13(土) 20:21配信

ベースボールチャンネル

吉田正尚が2ランで追撃も…

<マイナビオールスターゲーム2019・第2戦>
パシフィック・リーグ―セントラル・リーグ(13日・甲子園球場)

【一覧】史上最高の“飛ばし屋”は誰だ!歴代スラッガーがズラリ

 セ・リーグは2回に地元・阪神タイガース勢の原口文仁捕手と梅野隆太郎捕手による2者連続本塁打、筒香嘉智外野手の2ラン本塁打などで一挙6得点を挙げ8-0とリードを広げた。

 一方のパ・リーグも負けてはいない。3回、セ・リーグ2番手で登板した柳裕也投手に対して、西川遥輝外野手の適時打と吉田正尚外野手の2ラン本塁打で3得点し3-8と反撃する。

 それでも、セ・リーグは直後の攻撃で高橋周平内野手が3打席連続安打となる適時打で1点を追加。高橋はこれで前日から4打席連続安打となった。

 さらに4回には試合前のホームランダービーを制した広島東洋カープの主砲・鈴木誠也外野手が特大のソロ本塁打を放ち、10-3と2桁得点に乗せる破壊力を見せつけた。

 セ・リーグは、投げては2回無失点とした先発・菅野智之投手の後を受けて登板した柳裕也が3失点を喫するも、3番手の阪神の青柳晃洋投手が5回の1イニングを無失点に抑えてパ・リーグに流れを渡さなかった。

 5回、ここまで本塁打、二塁打、右前安打とサイクル安打にリーチとしていた阪神の近本光司外野手は左翼へ二塁打。三塁打とはならず、サイクル安打は次打席へお預けとなった。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/13(土) 20:21
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事