ここから本文です

藤本シゲユキの恋愛学「結婚向きの男性はバーにいる理由」

7/13(土) 12:30配信

with online

バーにこそ、出会いあり

こんにちは、悲恋改善アドバイザー改めリアライフカウンセラーの藤本シゲユキです。
前回のコラムでは、ジムにいい男がいると解説させていただきました。そこで今回は「出会いの数を増やす方法」についてお話しさせていただきます。
カウンセリングをしていて、「出会いを増やすためにはどうしたらいいですか?」とよく聞かれます。そこで僕がおすすめしているのは「一人飲み」です。

藤本シゲユキの恋愛学「いい男と高確率で出会えるスポットとは?」

実際に一人飲みを実践されたクライアントさんの中には、お店で声をかけられた男性と交際に発展していたり、友達がたくさん増えたりした方がたくさんいらっしゃいます。

中には、立ち飲み屋でおじさん達に混じり会話を楽しんでいると、その後日に部下を紹介されて交際したという女性もいらっしゃいますね。

つまりその場で出会えなくとも、しっかりと種を撒いておけばいつか巡り巡って素敵な男性と出会えることがあるのです。バーは出会いの種を撒くにはうってつけの場所と言えるでしょう。

少し高めの値段設定のバーがいい理由

そんな一人飲みをする場所で僕がおすすめしているのが、ちょっと値段設定が高めのバー。

なぜなら、「いい男性=年収が高い」という傾向にあるのは事実だからです。

とくに自営業、フリーランス、経営者など、自分で道を切り拓いてきた人は、人生の道理をわかっていることがほとんどなので、いい男性の条件を兼ね備えている可能性が高いといっていいでしょう。

そして、そういう人たちが行くのは、落ち着いた雰囲気でちょっと敷居が高めのお店が多い。学生ノリが抜けないような大人が集まるやかましいバーにはあまり行きません。

その条件を満たしたバーに行くいい男性は、お酒を飲みながらバーテンさんや常連さんとの会話を楽しんでいることが多いのも特徴です。

彼らは同性であってもお店で話す人を増やすために、「よく来られるんですか?」という感じで声をかけてくるので、男である僕もバーで仲良くなった経験が何度かあります。

もちろん、敷居の高いバーにいる男性が全員いい人だと勘違いだけはせんといてな?

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 12:30
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事