ここから本文です

「エルヴィス・プレスリー」伝記映画、エルヴィス役におすすめの俳優たち

7/13(土) 21:40配信

エスクァイア

「ロックンロールの王様」エルヴィス・プレスリーの伝記映画の製作が動き出し、バズ・ラーマン監督が手掛けることが決まりました。そこで主役エルヴィス役候補の5人をランク付けしました。

【 写真集 】『ボヘミアン・ラプソディ』だけじゃない! 絶対に観るべき音楽伝記映画10選

 誰がエルヴィス役を演じるのか、さっそく予想が飛び交っているようです。

 米芸能ニュースサイト「デッドライン」の独占記事は、候補のトップ5を発表しました。が、その顔ぶれに対しては、「彼らはエルヴィス役が似合うのかな…?」という感想が聞こえてきそうです。いやいやしかし、エルヴィスそっくりのヘアスタイルで、腰を振りながら歌えば、エルヴィスに見えなくもないという候補者もいるのかもしれません(笑)。 
 
 候補に挙がっているのは、アンセル・エルゴート、マイルズ・テラー、オースティン・バトラー、ハリー・スタイルズ、アーロン・テイラー=ジョンソンの5人(ちなみにマネージャーのパーカー大佐役は、トム・ハンクスが演じることが決まっています)。さて、この5人の中で、あの有名な「監獄ロック」のパフォーマンスを演じるのに最もふさわしい人物は誰なのか? 評価させていただきましょう。

第5位:アンセル・エルゴート

 まず、最初からこの俳優には「エルヴィス役は難しい」と断言します。

 主演が決まった『ウエスト・サイド・ストーリー(原題)』(2020年公開予定)で奇跡的な好演をしない限り、この『ベイビー・ドライバー』で大ブレイクした俳優の起死回生はまずないでしょう。 
 
 エルゴートは俳優業のほかに、シングルも何枚かリリースしているようですが、ま、言ってみればあのパリス・ヒルトンにも、音楽のキャリアがあるわけですから…。決してヒュー・ジャックマンのような素晴らしい音楽センスを持っているとは、現時点では言えないことでしょう。

 そもそもエルゴートの声は、「エルヴィスよりもトーンが高いのでは?」ということで、もし彼が選ばれることがあれば、かなり驚きのキャスティングとなります。ちなみにファミリーネームから、ファッション雑誌好きの皆さんはお気づきかと思いますが、父親はアーサーという名前で、ファッション誌『ヴォーグ』などで活躍する世界的な写真家です。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 21:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事