ここから本文です

ストレスによる不健康な状態への対処法

7/13(土) 22:23配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ストレスに苛まれているのは、あなたひとりではない。メンタル・ヘルス・ファウンデーションの依頼によって行われた調査で、イギリス人の74%が、2018年のある時期に「打ちのめされた、あるいは耐えられない」状態に陥ったことがわかった。
これを性別で見てみると、女性の81%がこうした気持ちになったのに対し、男性は61%。また、ストレスのせいで成人の32%が自殺したくなり、16%が自傷行為を行ったと答えた。

では、自分がこうしたストレス危険領域に近づいていることがわかったとしたら、どのように対処すればいい?

『Women’s Health』誌が心理学者やウェルビーイングの専門家にアドバイスを聞いた。

このストレスは不健康だと認識したら、どうすればいい?

ストレスはさまざまな症状や兆候となって現れるように、再び心の内が穏やかに、禅な気分になるのを助ける解決法もいろいろある。

【瞑想する】
マスター・オーは、「進み続けるという意志を持って始める」ことを勧める。

「1日を正常な心を持って始めるのはとても大事です。ポジティブで穏やかで平和な心ということです。ストレスやネガティブな思考パターンはエネルギーシステムをブロックし、アンバランスさを生み出したりエネルギーを消耗してしまったりします」

マスター・オーによると、1日に10~15分間瞑想すると、神経系を落ち着かせ、ストレスを緩和し、元気を取り戻すのを助けて、穏やかで平和な気分になるという。

また、ネガティブな気持ちがあれば、それを観察する明晰さをもたらし、心を整理し直すのを助けて、「進み続ける意志を持って1日をスタートする役に立つのです」

【感謝することを通して幸福感を作り出す】
「他人に感謝すると同時に、自分が持っているものすべてに感謝すべきだとじっくり考えてみるのです」と、マスター・オーはアドバイス。

感謝を表すことは、自分が持っていないものではなく、持っているものと向き合うということ。それは、ストレスを感じている時に持ちがちな欲望である、わからないことをコントロールするということではなく、わかっていることを見つめるということのリマインダーにもなる。

【よく眠る】
睡眠は健康的な生活に不可欠な要素であるだけでなく、良い睡眠から得られる精神的な明晰さや身体的エネルギー、感情的安定は、ストレスを自然に発散する役に立つと同時に、仕事でのパフォーマンスも増す。

「また、病気からの回復力を高め、ホルモンのバランスを維持してくれて、それらはすべて、長生きで、より健康でハッピーで充実した人生を送るのを助けてくれます」と、マスター・オー。

BY TAHMINA BEGUM

最終更新:7/13(土) 22:23
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事