ここから本文です

【Bellator】“絶対王者”ジュリア・バッドが三日月蹴りで3度目王座防衛、RIZINギャビ・ガルシア戦をアピール

7/13(土) 12:58配信

ゴング格闘技

7月12日(現地時間)米国オクラホマ州タッカービルのウィンスター・ワールドカジノで「Bellator 224: Budd vs. Rubin」が開催された。

【写真】キュートな狼の被り物をつけたルビンを容赦なく悶絶させたバッド

メインイベントでは、カナダ出身のフェザー級王者・ジュリア・バッドが、イスラエルの挑戦者オルガ・ルビンを迎え撃つBellator世界女子フェザー級選手権試合が行われた。

バッドはキックボクシングがバックボーン。キックの試合では、2005年に元Strikeforce王者で現在は映画俳優のジーナ・カラーノにも勝利しているストライカーだ。

2010年10月に『Strikeforce』でプロデビューし、2戦目でアマンダ・ヌネスにKO負け、3戦目でジャーメイン・デ・ランダミーに判定勝ち、4戦目でロンダ・ラウジーに一本負けと、キャリアの初期から後の王者たちとしのぎを削ってきた。

『Bellator』には2015年2月から参戦。2017年3月に初代女子フェザー級王座決定戦で、日本でも活躍した女子格闘技のパイオニア、マールス・クーネンにTKO勝ちを収め、フェザー級王者に輝いた。

その後、2018年12月に元プロボクサーのアーリーン・ブレンコウをスプリット判定で退け初防衛に成功。2018年7月にはブラジルの7戦無敗タリタ・ノゲイラを相手に左右の蹴り、右ストレートなど強打を爆発させて3R TKO。2度目の防衛に成功している。現在36歳。

対するイスラエルのルビンはMMA6戦全勝の29歳。モスクワ生まれでロンドンのGreat Britain Top Teamに所属する。Bellatorでプロデビューし4連勝中で、2018年11月には、KINGレイナに勝利した実績を持つシンディ・ダンドーワ(ベルギー)に判定勝利、2019年2月にもフランスのユニ・ハザフィアリゾンを判定で下している。

▼Bellator世界女子フェザー級選手権試合 5分5R
○ジュリア・バッド(王者/カナダ/145lb/65.77kg)
[1R 2分14秒 TKO]
×オルガ・ルビン(挑戦者/イスラエル/143.5lb/65.09kg)

1R、オーソドックス構えのバッド。サウスポー構えのルビン。遠い距離からバッドは左ロー、右ミドル、さらに左ミドルをヒット! ルビンはワンツーの左も遠い。

右の前蹴り、三日月蹴りを中足で打つバッド! レバーではなく右でみぞおちに決めたバッドにルビンは硬直。顔面をガラ空きにして腹を押さえるルビンに右ストレートをヒットさせるバッド。

一気に詰めて左右を連打するバッドにルビンは金網まで後退。首相撲にとらえたバッドはさらにヒザをボディに突き刺し、ダウンさせるとパウンド連打! レフェリーが間に入った。

バッドはこれでMMA13勝2敗。ヌネスとラウジーに敗れた以外は負け無しの破竹の11連勝となる。3度目の防衛に成功した王者は、無双状態となったサークルケージの中で、かねてから興味を示していたRIZINでのギャビ・ガルシア戦をあらためてアピールした。

ギャビは2018年大晦日の前戦「RIZIN.14」で同じブラジルのバーバラ・ネポムセーノにアメリカーナ(V1アームロック)で一本勝ちしているが、102.5kg契約で試合を行っており、フェザー級のバッドとは36kg差となる。実現は考えにくいが……。

最終更新:7/13(土) 14:30
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事