ここから本文です

現代に巣食う“社会的抑圧”に問題提起 映画3作に見る、ジェンダーロールに囚われた女性たちの姿

7/13(土) 10:08配信

リアルサウンド

“身体”という檻に縛られた女の子:『Girl/ガール』

 先進国のなかでも離婚率が高く、事実婚が広がるベルギーではもはや“結婚”という檻に女性も男性も囚われていないのかもしれない。それでも、私たちは皆身体には囚われている。トランスジェンダーの15歳の少女ララ(ビクトール・ポルスター)はバレリーナ志望で国内有数のバレエスクールに編入が認められたばかり。シングルファーザーの父マティアス(アリエ・ワルトアルテ)はララのよき理解者であり、彼女のバレエのために引越しも厭わなかったほど。ララは数年後に性転換手術を受けるためにホルモン治療を続ける毎日だが、治療はなかなか効果を出さない。同級生の女の子たちの身体がどんどん女らしく成熟していくなかで、ララは焦る。しかも、ほかの生徒たちよりバレエで遅れをとっていることから人一倍努力しなければいけない彼女は、徐々に精神のバランスを失っていく……。

 監督は、本作で長編デビューしたルーカス・ドン。この作品で第71回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞したベルギーの新鋭監督だ。バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に感銘を受けた彼が映画化したこの物語は、トランスジェンダーの苦悩を通して、現代に巣食う「女らしさ」や「男らしさ」といったジェンダー・ロールに問題提起しているとも言えよう。

 同時に、自分の身体に違和感を覚え、危険を顧みずに変えようとするララの姿は、近年問題になっている“ボディ・シェイミング”に重ねられる。ありとあらゆるメディアから、非現実的なモデルの体形や美しさが私たちの目に飛び込んで来る毎日。「痩せて美しくいないといけない」という“檻”から解放されれば、女性たちはどれほど幸せになれるだろう――。

 日本では、「靴(くつ)」・「苦痛(くつう)」・「#MeToo(みーとぅ)」をかけあわせたハッシュタグで、女性がパンプスやヒールを職場で強制されることに抗議する「#KuToo」が注目を集めている。イランでは、「#WhiteWendsday」という、女性がヒジャブやスカーフを頭にかぶる法律にプロテストするソーシャル・ムーブメントが広がっており、多くのイラン人女性が毎週水曜日に白いスカーフや洋服を身につけてSNSに投稿している。たかが靴、たかがスカーフだと思うなかれ。女性を閉じ込めている“檻”は世界中にまだまだたくさん存在しているのだ。

此花さくや

3/3ページ

最終更新:7/13(土) 10:08
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事