ここから本文です

クラウド業界の新ビリオネア「Twilio」創業者が歩んできた道

7/13(土) 19:30配信

Forbes JAPAN

レストラン予約サイトの「Yelp」でリマインダを受け取ったり、ウーバーのドライバーに電話ができるのも、クラウドコミュニケーションサービス「Twilio」のお陰だ。Twilioの急成長を受け、共同創業者兼CEOであるジェフ・ローソンは、ビリオネアの仲間入りを果たした。

ローソンはTwilioの発行済み株式の5%を保有し、資産額は12億ドル(約1296億円)に達した。Twilioの成長に伴い、ローソンの資産はこの3年で2倍以上に増えた。同社は、2016年にIPOを果たし、12653株価は今年に入ってから66%、この12ヶ月では146%も上昇した。現在の時価総額は190億ドルを超える。

デトロイト出身の連続起業家であるローソンは、中学生の時にイベント動画撮影サービスを立ち上げてバル・ミツバー(男の子が13歳になったことを祝うユダヤ教の成人式)の様子を撮影・編集し、高校を卒業する頃には結婚式撮影で週末に5000ドルを稼ぐようになった。

彼はミシガン大学に在学中、講義メモを提供するインターネットサービス「Versity.com」を立ち上げ、その後「StubHub」の初代CTOとして同社のチケット販売サイトを開発した。

そして2004年に大学を卒業後、アマゾンに入社し、当時立ち上がったばかりのAWS(アマゾン ウェブ サービス)で15ヶ月間勤務した。「インフラをサービスとして提供するという画期的なアイデアにとても驚かされた」と彼は2016年のインタビューで述べていた。

ローソンは、これまでの起業体験からビジネスにおけるコミュニケーションの重要性を痛感し、友人であるEvan CookeとJohn Wolthuisと共にAWSのモデルを参考にしたクラウドコミュニケーションプラットフォーム「Twilio」を2008年に立ち上げた。サンフランシスコ本拠のTwilioは、ウェブやモバイルのアプリに音声通話、ビデオ、テキストメッセージを組み込むことができるツールを提供している。

最初の顧客であるPhoneMyPhone.comはTwilioのAPIを用いて、ユーザーが携帯電話を紛失した際に自分の電話番号を入力し、着信音を鳴らすことができるサービスを提供している。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 19:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年9月号

株式会社アトミックスメディア

2019年9月号
7月25日(木)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい