ここから本文です

【J1展望】鳥栖×広島|広島は課題の前半にF・トーレスを抑えられるか?

7/13(土) 12:18配信

SOCCER DIGEST Web

鳥栖――F・トーレスの起用法は?

J1リーグ19節
サガン鳥栖 ― サンフレッチェ広島
7月13日(土)/19:30/駅前不動産スタジアム
 
サガン鳥栖
今季成績(18節終了時):16位 勝点17  5勝2分11敗 12得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●動かないF・トーレスが功を奏す攻撃。
●前節・川崎戦の戦い方がポイントに。
●広島戦を制すれば、上位も見えてくる展開に
 
【担当記者の視点】
「動きたがるFWに中で構えてもらう」と指示した金監督は、前々節の快勝の後にF・トーレスを称賛した。
 
 そして、前節もF・トーレスを先発で起用した。前線からボールの取りどころを限定し、あとは全員で連動してプレスをかける。その戦い方で90分間を無失点で切り抜け、好調・川崎を相手にアウェーで勝点1をつかみ取った。
 
 今節も上位の広島相手に同じ戦い方ができれば、勝点の上積みも可能だろう。上位との対決で勝点を拾えれば、残留争いから抜け出す可能性は広がる。今節は、低迷打破のきっかけの試合と位置付けたい。

広島――前半の失点を抑えられるか。

J1リーグ19節
サガン鳥栖 - サンフレッチェ広島
7月13日(土)/19:30/駅前不動産スタジアム
 
サンフレッチェ広島
今季成績(17試合終了時):8位 勝点25 7勝4分6敗 21得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●D・ヴィエイラの負傷はいまだ回復途上。パトリックが先発へ。
●4-4-2システム、攻守にわたってトレーニングを積む。
●大迫と松本泰、ふたりの日本代表組がベンチ入りへ。
【担当記者の視点】
 鹿島戦、そしてC大阪戦と、連続して前半に失点。17試合中前半に先制点を許した試合は6試合を数えており、前半の失点は13失点中7失点。通常、後半の方が失点数は多くなるものだが、前半の方が後半の失点を上回っているチームは、ほかに仙台とG大阪があるだけ。
 
 後半の失点6は川崎と並んでリーグトップ、後半だけの得失点差+7は鹿島の+9についで2位と、時間が進むにつれて強さを発揮していることは確かで、前半に失点したまま敗れたのは横浜戦と名古屋戦だけ。神戸戦では逆転勝ちを収め、清水、鹿島、C大阪と引き分けるなど粘り強さはある。
 
 だからこそ、いかに前半の失点を抑えられるか、そこが勝利のカギを握る。「C大阪戦前半のような内容では(鳥栖には)絶対に勝てない」と言う城福監督は、その前半の戦い方での具体的な課題を共有し、修正。現在2連敗中のアウェーの鳥栖戦に決意をもって挑む。

最終更新:7/13(土) 12:18
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事