ここから本文です

GAFAのデータセンターを支える「高機能フィルム」の凄すぎる実力

7/13(土) 10:00配信

現代ビジネス

 高機能フィルムを製造・販売する帝人フィルムソリューションを取材した。原料を変えたり、性質が異なるフィルムを重ねたりすることでフィルムの特性は大きく変わるため、同社製品は各種工業製品の製造工程で使う材料、電気の絶縁、高記録密度磁気テープの原料などあらゆる産業分野で利用されているという。生え抜きで“フィルム業界の生き字引”とも言われる能美慶弘社長(58歳)に聞いた。

5年後、10年後に「生き残る会社」「消えそうな会社」結果一覧

収穫量が20%もアップ

 機能性フィルムは身近な製品に使われています。

 たとえば液晶ディスプレーには特定方向の光だけを通すフィルムが使われていますし、太陽光で動く有名ブランドの腕時計には、文字盤の下にある太陽電池の基板にフィルムが使用されています。

 通常、太陽電池はガラス基板の上に発電する物質を塗布して作りますが、腕時計は厚みを抑えるために薄くて割れないフィルムを使うのです。

 あとは、缶の表面のラミネート。

 缶の表面に塗装をするより、フィルムで覆ったほうが意匠性に優れ、環境にも優しいのです。缶の底が白ければ当社のフィルムが使われているので、見かけたら私たちを思い出していただければうれしいです。

 将来は、自動車や電車など大きなものもフィルムでラミネートしていきたいですね。フィルムは本当に様々な場所で使えるのです。

 フィルムのニーズは意外な場所にもあります。

 たとえば農業用のビニールハウス。ハウスの中は夏場に暑くなりすぎることがあるのですが、ナノレベルの薄さのフィルムを積層していくと、光合成に必要な光線だけを通し、暑さのもとになる赤外線は反射するフィルムを作れるんです。これを使ったビニールハウスで農作物を育てたところ収穫量が10~20%も向上したケースがあるそうで、私も驚きました。

 学生時代、録音に使う磁気テープが紙からフィルムへと変わるさまを目の当たりにして、フィルムに興味を持ちました。そして私は当社に就職し、同じ頃、フィルムもビデオテープにフロッピーディスクにと、次々用途を広げてゆきました。

 その後も、曲げに強いフィルムがクレジットカードに使われたり、半導体の製造現場でも絶縁のために使われたりと、フィルムの市場規模は日本経済の成長とともに伸びていったのです。

 薄くて軽くて強い。このフィルムの特性が小型化、軽量化が求められる時代とシンクロしたのだと思います。

1/2ページ

最終更新:7/13(土) 10:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事