ここから本文です

村田諒太に完敗 陥落ブラントは潔く称賛「彼がやるべき宿題をやったということ」

7/13(土) 6:13配信

THE ANSWER

完敗認めたブラント、再々戦に意欲「3回目があってもいいと思う」

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチは12日、エディオンアリーナ大阪で行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が王者ロブ・ブラント(米国)に2回TKO勝ち。王座奪回に成功した。昨年10月の世界戦で勝利していたブラントは雪辱を許して陥落。試合後、「彼がやるべき宿題をしっかりやったということ」と振り返り、潔く完敗を認めた。

【動画】大阪が、日本が熱狂! 最後は強烈な右でブラントがぐらつき、そして…村田が演じた“衝撃2回TKO”の実際の瞬間

 村田の気迫の前に為す術もなかった。2回、猛烈なラッシュに防戦一方となったブラント。最後はTKO負けで散った。試合後は「スタートはいい流れだった。力強い展開」と振り返った上で「ただ、パンチの応酬の中で効いたものがあってリカバーできなかった。彼がやるべき宿題をしっかりやったということ」と村田を称えた。

 序盤からKOのプランがあったのか問われると「NO」と返答。「KOは結果から生まれるもの。序盤から攻めすぎたのがミス。そういう動きの中で村田が優位に戦略として生かしたのが敗因」と語った。

 一方で、再戦について意欲を示した。ブラントは「ぜひ、戦いたい。今回はレフェリーの正しい判断で大けがの前に止めてもらった。痛みもそこまでないし、そこまで体も傷んでいない」と話し、さらに「4か月、今回のミスを払拭するために、3回目があってもいいと思う」と言及。1勝1敗となった村田との再々戦を希望した。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:50
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事