ここから本文です

なぜ、村田諒太は完敗から激変できたのか “魂の豪打”の裏に勇気と「半歩前」の徹底

7/13(土) 12:33配信

THE ANSWER

1200発超のパンチを浴びた屈辱の「負け」が変化への起爆剤

 迎えた運命の一戦。序盤は前回のようなガードを固める時間もあった。村田は「『そこ前だよ! そこ前だよ!』という会長の声がものすごく聞こえました」と振り返る。コーナーサイドから聞こえる声に発奮し、すぐに違いを見せつけた。わずか2回の攻防で顔にできたあざや切り傷が物語る打撃戦。一歩間違えば、競技後の人生にも影響を及ぼしかねない、命の危険と隣り合わせの世界で打ち勝った。

 本田会長は多くのサポートをしながらも、王座を奪還できたのは村田の力だと強調する。「実力を出せば負けないと思っていたけど、ちゃんと出せるのはやっぱり持ってますよ。前回、あんなに跳ね上げられたのに、こんなのは中々ない。(長いプロモーター生活で最も感動した試合の一つ?)そりゃそうですよ」。わずか9か月間でディフェンス重視のスタイルから、被弾覚悟のファイター型に。日本のボクシング界を約50年間見てきた中でも、村田の変貌ぶりは劇的だった。

「こんなボクシング、なんでもっと早くできないの?って思う(笑)。でも、負けたからやったんです。オリンピックまで獲った人だから、自分のボクシングに自信を持っている。変えようと思っても…。やっぱり、ああいう負け方をしたから変えたんです」

 変化への起爆剤となったのは、1200発超のパンチを浴びた屈辱の「負け」。最初は再起を了承してもらえなかった村田は、現役続行を決断したことについて「そりゃ良かった。この結果が出たし、会長が飛び跳ねて喜ぶところなんて見たことなかった。一番、お世話になっている人ですから、そのシーンを作れて良かった」と感慨深げだった。リングに入場する直前の控室でも「こんな僕にチャンスをくれてありがとうございました」と会長に頭を下げていたという。

 世界的に層の厚い群雄割拠のミドル級に、再び日本人が舞い戻った。気になるのは今後のマッチメーク。本田会長は「本当の超一流がいる。本人はそれとやりたくてしょうがないんだから、(対戦相手に)選んでくれることを祈ります。ただの防衛戦なんてしないだろうし、今回の試合がどう評価されるか。選んでくれたら最高ですよね。カネロにしろ、ゴロフキンにしろ」と展望を見据え、最後に「また大変になるね」と笑った。

 1995年に日本人初のミドル級世界王者となった竹原慎二から、村田が初めて王座を奪うまで22年かかった。中重量級は日本人に手の届かなかった遠い世界。また夢を見られる時間が来る。

THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada

2/2ページ

最終更新:8/3(土) 1:50
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事