ここから本文です

不振のサイゼリヤ、メニューを大改定。700円“高級”パスタetc.を実食した

7/13(土) 8:46配信

bizSPA!フレッシュ

 株式会社サイゼリヤは7月10日、夏のグランドメニュー改定を行った。サイゼリヤではこれまでも、年4回のメニュー改定を行っているが、今回はとりわけ大きく刷新された印象だ。

⇒【写真】699円の新メニュー「たっぷり小エビとムール貝のオーロラソース」

 7月10日、週に1回は必ずサイゼリヤに行く月もある記者が、実際にメニュー改定で登場した新商品を実食してきた。

業績右下がりのサイゼリヤは、客単価の上昇が鍵

 サイゼリヤでは全面禁煙化などの影響から客数は2017年12月から18か月連続で減少。既存店の売上高も13か月連続で前年割れしている。

 このような背景から昨年12月の冬メニューからは、客単価の向上を狙い、単品メニューに加えるトッピングやサイドメニューを拡充しており、今回のメニュー改定も客単価上昇を踏まえたものと考えられる。

 メニュー改定でとりわけ目立ったのが、サラダメニューの最低価格が50円上昇したこと。また、パスタに700円に迫る“スペシャルメニュー”が誕生したことだ。

サラダは最低価格が50円アップ

 サラダには新たに3つの新メニューと、Lサイズサラダが加わった。

 8日に発表されたグランドメニュー改定のプレスリリースによれば、Lサイズサラダを加えた経緯として「お客様の選びやすさ、利用しやすさを向上する目的で、お得なLサイズを導入しました」と説明されている。

 また旧メニューの、「やわらかチキンのサラダ」「イタリアンサラダ」「わかめサラダ」(各299円)に対応する新メニュー、「彩りイタリアンサラダ」「チキンとブロッコリーのサラダ」「わかめとオクラのサラダ」(レギュラーサイズ・各349円)が加わり、サラダの最低価格は50円の値上がりとなった。

 新しいサラダには全メニューにコンカッセ(野菜を細かく刻んだトッピング)が、また旧メニューに対応するサラダにはそれぞれ1品、トッピングが追加されており、旧メニューに比べてボリュームが増している印象だ。

 この値上がりについて、飲食関係者は「サラダはものによるが、基本的に原価率が高くなる。50円の値上がりといっても、メニューで使用されているルッコラやコンカッセ(野菜を粗く刻んだもの)は単価が高めなので、コストパフォーマンスの良さに変わりはない」と語る。

 サラダメニューを軸に、原価率を据え置きながら客単価を上げる狙いがあると考えられる。

1/3ページ

最終更新:7/13(土) 8:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事