ここから本文です

「ゼロ係」ポスター撮影に密着!小泉孝太郎“ぐるぐる巻き”でも気遣いと笑顔を見せ、和やかな現場に

7/13(土) 9:00配信

ザテレビジョン

小泉孝太郎がKY刑事・冬彦を演じる「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」(夜8:00-8:54※初回は夜8:00-9:48、テレビ東京系ほか)が、7月19日(金)よりスタート。同ドラマのポスター撮影に、ザテレビジョンが潜入取材!

【写真を見る】膝までテープを巻かれた小泉孝太郎はもう“されるがまま”…!?

厄介払いされたメンバーが集まる「ゼロ係」を舞台に、冬彦と勝ち気なベテラン女刑事・寅三(松下由樹)がさまざまな難事件を解決していく、人気シリーズの第4弾。

毎シーズン、ポスタービジュアルでは冬彦が「CAUTION」と書かれたバリケードテープで、ぐるぐる巻きにされる姿がお決まりとなっている。もちろん今回も! テレビ東京宣伝部調べによると、使用されたテープの長さは過去最長の『27.628メートル』(27m 62cm 8mm)。一体どんな撮影になったのか、その模様をお届けする。

まずは、ホームページ用の写真などを撮影。小泉はカメラの前に立つやいなや「冬彦っぽい立ち方はこうだよね」「警察手帳、右の手にも持ってみましょうか?」と積極的にポーズを提案していた。スタッフからも「冬彦さん帰ってきた~」との声が漏れ、「こんなポーズ、ゼロ係でしかやらないです(笑)」と照れながらも白い歯を見せた。

■ 小泉孝太郎をテープでぐるぐるに

そして、恒例のテープを巻かれての撮影に。「やりますか!」と覚悟を決めた小泉。自分自身のことよりも、テープを巻くスタッフを気遣い「僕がこうなった方がみなさん楽ですよね?」と声を掛けていた。4人がかりでテープが巻かれていく中、「本当にすみません」と謙遜するスタッフに、「きつく巻いてもらった方がずれなくていいと思います」とにっこり。

身動きが取れなくなるまでテープが巻かれ、されるがままの小泉は「うわあああってやりたくなりますね」と苦しい様子を見せた。しかし、心配するスタッフをよそに小泉は、「まだ全然大丈夫ですよ!なんか僕、タイの仏像みたいですよね」と冗談を言う一幕も。

そんな中、ゆとり世代のマイペース巡査・文平を演じる戸塚純貴があいさつに訪れた。小泉はテープを巻かれながらも、「文平ちゃん、今年もよろしくね~。髪切った?」「ごめんね、こんな格好で。寝転がって偉そうだよね」と後輩への心配りも見せていた。

無事に撮影が終了し、小泉を急いで救出(?)すると「あ~~~、すごいこれ!汗かきますね…うわあ」と解放感に浸っていた。撮影データを確認し、「いいですね!」とより一層爽やかな笑顔を見せ、「今年も記念に残るポスター撮りになりました」と大満足な様子でスタジオを後にした。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/13(土) 9:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事