ここから本文です

「ボイス 110緊急指令室」唐沢寿明インタビュー(後編) 「増田くんが敵と戦っていると『大丈夫か?』みたいな気持ちもあるんです(笑)」

7/13(土) 7:00配信

ザテレビジョン

7月13日(土)より、日本テレビ系にてスタートするドラマ「ボイス 110緊急指令室」(毎週土曜夜10:00-10:54)。このほど、主人公・樋口彰吾を演じる唐沢寿明にインタビューを敢行。後編となる今回は、初回の放送に向けての見どころや、共演者とのエピソードなどを語ってくれた。

【写真を見る】橘ひかり役の真木よう子も、実はアクションをやりたくてウズウズしている?

■ キャスト陣はみんなアクションをやりたくて仕方ない?

――今回この土曜10時枠で、刑事として若手とバディを組むとなると、「THE LAST COP/ラストコップ」(2015、16年、日本テレビ系)を思い起こされる方もいるかと思いますが、増田貴久さんとのバディ感はいかがですか?

「THE LAST COP」のような、四六時中くっついて歩いてるバディっていう感じでもないんですよね。今後増田くんもアクションシーンが出てきますし。

ただ、殺し屋みたいな相手と一人で戦ったりするから、「大丈夫か?」みたいな気持ちもあるんです。普通そういう相手と戦うのは僕の役目じゃないかと思うんですけど(笑)。撮影はもう済んでいるみたいですけど、僕の知らないうちに戦っていたので、どうなっているのか楽しみですね。

――そばでご覧になっていて、増田さんの成長や変化を感じられた場面などはありましたか?

刑事の役をやりたかったのかな? すごく銃の使い方とかを熱心に聞いてましたし。非常にがんばってやっていますよ。あと、真木(よう子)さんもそうなんですけど、「アクションをやりたい」ってすごく言っていて。

でも真木さんには「あなたの役は基本指令室にいる役なんだから、あんまりアクション出来すぎちゃうと『何者?』ってなるでしょ」って(笑)。超能力は持っているわ、アクション出来るわってなるとね…。

――先日現場で増田さんのバースデーをお祝いされたことがニュースにもなっていましたが、その際の裏話などはありますか?

まぁでも…、増田くんも(誕生日を祝われることに)慣れてるんじゃないかな?(笑) いろんな現場でやってもらってるでしょうし。本人はちょっと感づいてたみたいですけど、僕は全然気付かなかったですね。「あそこのタイミングでやるんだ?」って思ったくらいで。

――唐沢さんからはプレゼントなど差し上げたんでしょうか?

プレゼントはあげましたよ。「ファッションに興味がある」って言ってたので、着るものを。(増田は)プレゼントを見て「欲しいものでした」って言ってましたね。「そんなわけないだろ!」とは思ってますけど(笑)。

■ 「菊池さんは控え室で急に前屈を始められて…(笑)」(唐沢)

――このドラマの物語が動き出すきっかけとなる妻・未希の事件ですが、要所では家庭でのささやかな日常も回想シーンで描かれていきます。未希役の菊池桃子さんとの家族団らんシーンは演じていていかがですか?

菊池さんも面白い方で。最初ご一緒した日に回想シーンを撮影していたんですけど、僕はその夜にアクションシーンが控えていたんです。

それで、控え室のような大きい部屋で菊池さんといたんですけど、アクションシーンに備えてストレッチをしてたんですよ。そうしたら菊池さんが隣で急に前屈を始められて(笑)。

主婦の役だから全くやる必要ないのに、何かつられちゃうんですかね? イメージ的には「素直な方なんだな~」って思いました。演じる上での「家族感」は全然違和感無かったですよ。ご本人も家庭的な雰囲気ですし。

――大樹役の鳥越壮真くんとも「親子水入らず」なシーンもありますが、現場でどんなお話をされていますか?

あの子はすごく言っていることが大人っぽいんですよ。こっちは子供だと思っているから「アイスクリーム好き?」みたいな話をしてたんですけど、向こうは「〇〇って動物知ってる?」とかこちらが知らないようなことも話してきたりします。いろんなことに興味があるみたいですね。

■ 見どころは“恐怖”! 「あなたはその恐怖に耐えられますか?」(唐沢)

――撮影で心身ともに大変な部分もあるかと思いますが、最近の唐沢さんの息抜き、リラックス法はありますか?

チャンスがあれば外食したりですかね。それも結構な気分転換になるので。家で台本読んで過ごすのもそれはそれで良いんですけどね。現場の皆さんとは一度行きましたよ。これから時間を見つけて、もうちょっといろいろ行きたいですね。

――最後に、これから第1話をご覧になる皆さんに向けて、見どころを含めてメッセージをお願いします!

やっぱり目を覆いたくなるほど怖いシーンも出てきますが、そのうち薄目を開けて、ハマっていくようなドラマだと思うんです。絶対的に面白いドラマだと言い切れますので、まずは一話を見ていただきたいです。そうすると、「次も見なきゃしょうがない!」という感じになると思います。

こういうテイストのドラマは日本にはあまり無かったので、ハマる人にはすごくハマるんじゃないかなと。注目してほしいのは「恐怖」です! 全編通して恐怖がテーマのような作品なので、「あなたはその恐怖に耐えられますか?」ってことですよ(笑)。(ザテレビジョン)

最終更新:7/13(土) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事