ここから本文です

「天気の子」ヒロインの森七菜「好きな人には好きだと伝えたい」【「天気の子」連載】

7/13(土) 17:00配信

ザテレビジョン

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(2019年、日本テレビ系)でアニメ好きの電脳部員・堀部瑠奈を演じ、一躍注目を集めた森七菜。その彼女が2000人を超えるオーディションで選ばれ、「君の名は。」(2016年)が記録的大ヒットとなった新海誠監督の3年ぶりの新作「天気の子」のヒロインの声に抜擢された。森が演じるのは、“祈る”ことで空を晴れにできる不思議な力を持った女の子・陽菜。主人公・帆高(醍醐虎汰朗)との淡い恋物語も見どころとなっている。

【写真を見る】話題作が続々公開を控える森七菜のキュートなSHOT

――オーディションを受けたときに、印象に残っていることはありますか。

私はオーディションを受けるとき、落ちたらその方々とは二度と会えないんだから、好きな人には「好き」だと伝えたいと思っていて。お芝居では恥をかいても、せっかく自分の好きな方、尊敬できる方と会えたんだから、その方の作品の話をしたり、聞きたいことは聞いておきたいと思うんですよね。なので、今回のオーディションでも「新海監督の『言の葉の庭』が大好きです」と伝えて、細かいことまでは何を言ったのか覚えていないのですが、新海監督から「ありがとう。うれしいよ」と優しい声で言っていただけたのは、すごく覚えています。

――決まったと聞いた瞬間、何を思いましたか?

私は今、東京に来ている時はマネージャーさんの家に泊まっているんですが、家にいるときに「受かったよ」と聞きました。でも、自分では信じられなくて、何度も「本当ですか?」と聞き返してしまいました(笑)。

――森さんが演じられた陽菜は、天気を変えられる不思議な力を持った女の子。ある事情を抱え、アルバイトをしながら小学生の弟と二人だけで暮らしているという設定で、とても自立心の強い女の子だと思いますが、ご自身との共通点はありますか?

新海さんからは天気みたいなところが似ていると言われました。たしかに陽菜は笑っているかと思えば怒っていたり、寂しそうな顔をしているところがあって。私も気まぐれなところがあるので、そういうところは似ているのかなと思いました。

■ 新海監督はとても柔らかい方

――そんな森さんの本質を見抜いた新海監督の印象はいかがでしょうか?

オーディションでは少ししかお話できなかったのに、私の本質を見抜かれているとは、新海監督、すごい!と思いました(笑)。でも、新海監督はとても柔らかい方で、おっしゃることがすべて虹色に見える感じというか、神聖な方のような気がしました。それでいて、ときどきクスッと笑えるところもあって、新海監督とお話させていただいているときは、監督の作品を見ているような感覚でとても面白かったです(笑)。

――実際にアフレコに入る前に、新海監督がすべてのキャラクターの声を演じられたVコンテ(動く絵コンテ)をご覧になったと思うのですが、その感想は?

あれだけお上手なものを見せられると、私はどうすれば超えて行けるのだろうかと思いました(笑)。本当にびっくりするぐらいお上手でした! でも、それと同時に、監督のこの作品にかける熱量はとてつもないものだと改めて感じましたし、私も負けないように頑張らないといけないなと気合いが入りました。

――主人公・帆高を演じられた醍醐虎汰朗さんの印象はいかがでしょうか?

たぶん醍醐くん自身は「自分と似ているとはあまり思わなくて」と話していると思いますが、私や新海監督、スタッフのみなさんの中では、醍醐くんは帆高そのものでした。オーディションで掛け合いをさせてもらったときから、すごく楽しくて。なので、もし私が陽菜をやらせていただけるならば、帆高役は「醍醐くんがいいな」と思っていました。

――東京に家出してきた帆高の面倒を見ることになる須賀役の小栗旬さん、須賀の事務所で働く姪の夏美を演じられた本田翼さんの印象は?

私は醍醐くんほどにはご一緒させていただくシーンがなかったのですが、お二人ともアフレコでお会いしたときに生の声を聞いて感動しました。それまでは醍醐くんと二人でずっと一緒にやってきて、須賀さんや夏美さんがいるシーンは(お二人の声の入らない)状態でやっていたので、須賀さん、夏美さんとお芝居ができたときは、本当にたまらない感動がありました。

■ 信頼される人になりたい

――おそらく「天気の子」が劇場公開されたあかつきには、森さんの注目度はさらに上がると思います。森さんは大分県出身ということですが、「天気の子」のヒロインに抜擢されたことについて、地元の友達からの反響はありましたか?

ありました。でも、同時に「え?」という感じもあって(笑)。『君の名は。』は大ヒットしていましたが、当時の私たちはまだ15歳で、そのすごさが分からないところがあったのかなと。しかも、その新海監督の新作に私が抜擢されるとは思わないでしょうから、現実味がなかったんでしょうね(笑)。でも、この映画をテレビや雑誌、WEBで紹介していただいたり、そこに私が出演させていただくことが多くなってきた今、これまで以上に友達から「すごいね!」と連絡をもらうようになりました。それはすごくうれしいです!

――森さんは中学3年生、14歳のときに地元で家族と食事をしているときにスカウトされたそうですが、もともと芸能界に興味があったのでしょうか?

「将来、何をやりたい?」と聞かれたら、お芝居をする人になりたいとは思っていました。なので、14歳でスカウトをしていただいたときは、年齢的にはまだ少し早いかなとは思いましたが、あの時にスカウトして頂いたからこそ「天気の子」に出会えたし、「3年A組―」を含めていろんな作品と出会うことができて、ものすごく感謝しています。

――今後、女優として目指したいところは?

信頼される人になりたいです。監督さんやプロデューサーさん、作品を見てくださる方からも「森七菜なら任せられる、大丈夫」と思っていただける女優さん。そうなれるように一生懸命頑張ります!

プロフィール

もり・なな=2001年8月31日生まれ、大分県出身。ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(2018年NHK総合)、「3年A組―」(2019年日本テレビ系)などに出演。映画「天気の子」のほか、映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」(7/19金公開)、「最初の晩餐」(11/1金公開)、「地獄少女」(11/15金公開)、「Last Letter」(2020年公開)と出演作の公開が控えている。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/16(火) 12:01
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい