ここから本文です

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト-The LIVE-#2 revival」開幕! 圧巻の“新作”ステージで魅了

7/13(土) 15:18配信

ザテレビジョン

未来のスターを目指す舞台少女たちの姿を描くミュージカル「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -TheLIVE-#2 revival」が7月12日、千葉・浦安の舞浜アンフィシアターで開幕した。

【写真を見る】円形ステージの各所で展開される舞台少女たちの戦い、広いステージでのダイナミックなパフォーマンスは圧巻

初日公演前には公開稽古と記者会見が行われ、主演の小山百代をはじめ、三森すずこ、富田麻帆、佐藤日向、岩田陽葵、小泉萌香、相羽あいな、伊藤彩沙ら8人が出席。新日本プロレスの本間朋晃選手も駆け付けた会見内容と、公開稽古の模様をお届けする。

■ 小山「舞台少女たちの走る量も99倍に!」

本作はミュージカルとアニメ、両方を同じキャスト“スタァライト九九組”が演じる“二層展開式少女歌劇”としてプロジェクトがスタート。

2017年9月にミュージカル第1弾「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -TheLIVE-#1」を上演し、2018年7月から9月にTBS系でTVアニメ版が放送された。

今回の公演は2018年10月に東京・天王洲 銀河劇場にて上演された同演目のリバイバルだが、舞浜アンフィシアターならではの回転式舞台装置、大型バックスクリーンなどをフル活用した新しいステージへと進化。

小山は「銀河劇場より縦も横もはるかに広くなって、舞台少女たちの走る量も99倍に上がっています」と、そのステージのスケールに高揚した様子で伝え、三森も「前回と同じ脚本ではありますが、違う作品として楽しんでいただけると思います」とアピールした。

会見にはスイーツ好きで知られるプロレスラー・本間選手が、「女と女の激しい戦いを焼き付けにきました」と、スペシャルゲストで登場。

メンバーカラー9色で彩られた花束を手渡された小山は、オイルで輝く本間選手の筋肉美を見て「私たち以上にきらめていらっしゃる(笑)。このきらめきを頂いたので、舞台上で存分に発揮したいと思います」と粋なコメントを。

また、女子プロレスでデビュー経験のある相羽は「舞台上でプロレスはしないんですが、バトルはあるので、リングに上がっていたときの気持ちを思い出してやっています。頑張ります!」と、本間選手の激励に応えた。

本ミュージカルは7月15日(月)まで、千葉・浦安の舞浜アンフィシアターにて全7公演を上演。15日の千秋楽公演はライブビューイングも実施される。

■ “新作”と呼べる圧巻のパフォーマンスに

本作は、第1部がミュージカル、第2部がライブという2部構成での上演になる。

憧れだった戯曲「スタァライト」を成功させた愛城華恋(小山百代)、神楽ひかり(三森すずこ)ら聖翔音楽学園第99期生たち。来年も、と意気込んでいたそのとき、 青嵐総合芸術院の生徒たちが現れる。彼女たちもまたスターを目指す舞台少女であり、「スタァライト」の上演を懸けた2校対決の“レヴュー”が始まるのだった。

三森が「脚本は同じでも全く違う舞台」と話すように、銀河劇場を超える広いステージ。その中央に設置された、回転式の舞台装置。無数の照明。それらがエンターテイメント性を格段にアップさせ、特に、円形ステージを利用した“円”の動きは銀河劇場では見られなかった視点を作り出す。

各所で展開される舞台少女たちの戦い(殺陣)、ダイナミックな群舞は圧巻で、飛び込んでくる光景は確かに“新作”と言って過言ではないものに。

初見の方はもちろん、前回観劇のファンも間違いなく圧倒されるだろう。

■ 第2部はノンストップライブ!

第1部のミュージカルに続く第2部は、主題歌や舞台少女たちのテーマソングなどを次々と歌い上げるノンストップライブ。ハラハラドキドキの緊張感が張り詰めていたミュージカルから一転、笑顔がはじける舞台少女たちが待っている。

ここでも円形ステージならではのパフォーマンスが披露され、どの位置の客席からも見ごたえのあるステージとなっている。さらに、舞台少女たちは会場全体をも駆け抜ける。歌とアクション、最後まで目が離せない“スタァ”の輝きを、ぜひ目に焼き付けてほしい。

初日会見にそろった8人は、それぞれ公演に臨む気持ちを力強く語った。なお、石動双葉役の生田輝は欠席となっている。

■ 愛城華恋役・小山百代

ちょうど1年前の今日が「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のアニメの第1回の放送の日でした。

記念すべき今日という日は私たち9人にとっても同じで、今日再演の幕を上げることができてとてもうれしいです。再演ということで脚本は前回と同じですが、「再演なのに同じじゃないの!?」と驚かれるほど、ここ舞浜アンフィシアターからキラキラがあふれ出すほど全力で頑張ります。

■ 神楽ひかり役・三森すずこ

この舞浜アンフィシアターは、私たちがこれまで立った中で一番大きく、さらに円形という特殊な形のステージなので、前回と同じ脚本ではありますが、また違う作品として楽しんでいただけると思います。

そして、キャストとスタッフみんなの絆も初演よりどんどん深まっていて、より一致団結して頑張っています。どうぞお楽しみください!

■ 天堂真矢役・富田麻帆

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」は全キャスト女性で演じています。女性キャストだけでもこんなに迫力が出るのか! というくらい、私たちはすごく頑張って動いています! 前回よりも会場が広くなったことによって、体を動かす大きさもさらに大きくなっています。

舞浜アンフィシアターで「女の子だけなのにこんなに輝いてる~!」と、きっと皆さまに思っていただけるはずです! 私たちもそう思っていただけるように、毎公演頑張ってキラめきを届けたいなと思います。

■ 星見純那役・佐藤日向

180度さまざまな角度からお客さまに見ていただけるステージなので、どの角度からも違った感覚で演劇を楽しんでいただけます。ちょうど今アニメが再放送中ですが、舞浜アンフィシアターは、その第1話に出てくる地下劇場と似た形をしているので、アニメとリンクしている感覚にもなります。

私にとって20歳になって初めてのステージであり、「スタァライト」も3年目に突入して最初のステージなので、キャスト、スタッフ全員で築き上げてきた物語を皆さまにお届けできるよう頑張ります。

■ 露崎まひる役・岩⽥陽葵

今回は再演ですが、会場も大きくなり、また新しいものをイチから作るような気持ちで、みんなで力を合わせてお稽古してきました。

アニメに出てきたトワイライトシアターをそのまま体感できるようなそんな演出、作品になっています。最後までけがなく、全員で走り抜けたいと思います。ぜひよろしくお願いします!

■ 大場なな役・小泉萌香

今日でアニメが始まって1周年! さらに、私の演じる“大場なな”の誕生日でもあります。私にとっても“ななちゃん”にとっても記念すべき1日になる予感がします! 

さまざまな思いを心に留めて、みんなと一つになって、キラめきを振りまいてまいります。いらっしゃってくださったお客さまに楽しんで帰っていただけたらなと思います。最後までみんなと一緒に頑張ります!

■ 西條クロディーヌ役・相羽あいな

再演なので脚本は一緒です。ですが、スケールがアップしています。私たちももちろんですが、スタッフもみんな一緒に汗をかきながら頑張ってきました! 

今回は照明や音響、そういったところにもぜひご注目ください。そして今回はアンフィシアターだからこそ!という演出もたくさんあります。ぜひ、ライブで体感してください! 最後まで全力で頑張っていきたいと思います!

■ 花柳香子役・伊藤彩沙

実は舞浜アンフィシアターに初めて見に来たのが、三森すずこさんのライブでした。本当に夢の国のようですごく印象的でした。

今回三森さんとその舞浜アンフィシアターで九九組として一緒にステージに立てることが感慨深いです。作品はシーンごとに音もライトもセリフも全てが絵になります。大迫力で、見てくださる皆さまが楽しめるはずです。

みんなで力を合わせて良いステージにできるよう頑張ります!(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

最終更新:7/13(土) 15:18
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事