ここから本文です

レアルFWベイル、アザール加入でリーダー“追放”か 「期待された旗印は掲げられなかった」

7/13(土) 7:40配信

Football ZONE web

残留濃厚のベイルの立場は…新戦力のアザールに注目が集まる

 ベルギー代表MFエデン・アザールは今夏、チェルシーから移籍金1億ユーロ(約122億円)でレアル・マドリードへ渡った。新天地ではウェールズ代表FWギャレス・ベイルから“リーダー”の座を早くも受け継ぐことになったようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真&動画】レアル北米遠征メンバー27人“集合ショット”&“搭乗シーン” 久保はクロースの横で撮影、ベイルの表情に英紙「不愉快な顔」

 ベイルはすでにレアルで6シーズンプレーし、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝など多くタイトルを手にしてきた。そして、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍を機に、攻撃陣のリーダーとしての重責を担うことになった。

 しかし、その期待に応えられたかと言えばそうではない。シーズン50得点を保証したロナウドとの比較は酷かもしれないが、それでも2018-19シーズンはリーグ戦29試合で8得点に終わるなど不本意なパフォーマンスに終わった。

「ベイルからアザールへ:レアルのリーダー変更」との見出しがつけられたマルカ紙の記事では、「1年前、クリスティアーノ・ロナウド移籍に伴い、攻撃のリーダーの役割はギャレス・ベイルに指定された。しかし、このウェールズ人は期待されたような旗印を掲げることはできなかった」と指摘されている。ベイルはプレーでチームを牽引する役回りをこなすことはできず、そのリーダーの役割は今季からアザールが受け継ぐことになるようだ。

 ベイルは新シーズンも残留が濃厚となっているが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れており、新加入のアザールにポジションを奪われることは確実となっている。指導したばかりのプレシーズンキャンプでは2人が笑顔で会話する場面も目撃されているが、両者の置かれた立場は明暗くっきり分かれているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/13(土) 7:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事