ここから本文です

アトレチコ、グリーズマン獲得のバルサに250億を要求へ 両クラブの関係悪化の可能性

7/13(土) 11:50配信

Football ZONE web

12日にバルサ移籍が正式発表も、アトレチコ側は移籍金の面で譲らない構え

 バルセロナはフランス代表アントワーヌ・グリーズマンの獲得を正式発表した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの「MSGトリオ」結成が決まった一方で、放出した側のアトレチコ・マドリードとの関係性は芳しくないままだ。アトレチコは公式サイトで声明を発表し、約250億円もの移籍金を払うべき、と主張している。

【一覧】2019-20シーズン「退団&新加入選手」 ラ・リーガ「夏の移籍市場」

 バルサはブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)復帰の噂もあったが、かねてより噂があったグリーズマン獲得に落ち着いた。しかしアトレチコ側は6月末のタイミングでバルサ移籍が決定しないことに不信感を抱き、先週末には「契約が締結されていないので、グリーズマンはプレシーズンキャンプに参加すべき」という声明を発表したところだ。

 今回バルサへの移籍が決まったことで事態は沈静化するかと思われたが、そうもいかないようだ。現地時間12日にアトレチコが公式サイトで発表した声明には、このように記されている。

「アトレチコ・マドリードは、当該選手とバルセロナとの間の契約が、違約金2億ユーロ(約250億円)から1億2000万ユーロ(約150億円)に引き下げられる前に締結されたことが明らかなために、移籍金の引き下げは彼を買い取る条件としては不十分だと考えている」

 グリーズマンの違約金は6月30日までは2億ユーロ、それ以降は1億2000万ユーロとなっている。ただし以前の声明でも触れているように、バルサとグリーズマンは2018-19シーズン途中の2月のタイミングで合意に至っていたというのがアトレチコの見解で、多くの移籍金を要求する構えを崩していない。

 リーガ・エスパニョーラの覇権を争うライバルに絶対的エースを奪われる形となったアトレチコ。移籍金の部分で譲らない姿勢を見せ続けるようだと、両クラブの関係性はさらに難しいものになるかもしれない。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/13(土) 12:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事