ここから本文です

レアル久保建英は「背中に目がある」 練習での“ノールック美技弾”に海外メディア驚嘆

7/13(土) 21:20配信

Football ZONE web

カナダ3日目の練習冒頭をクラブ公式が中継 メニュー移行時に持ち前の技術で魅せる

 日本代表MF久保建英は、今夏に移籍の決まったスペインの名門レアル・マドリードの北米遠征に帯同し、スター選手たちとともにトレーニングで汗を流している。日に日に注目度が増すなか、カナダ3日目となる現地時間12日には、練習で鮮やかなテクニックを披露。メニュー移行のタイミングで、ノールックヒールでミニゴールのネットを揺らし、海外メディアも「魔法を投下」「背中に目がある」と驚嘆している。

【動画】「背中に目がある」と海外驚愕! レアル久保建英が練習で“ノールックヒール弾”を決めた瞬間

 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。同月のコパ・アメリカでも全3試合に出場し、ブラジルの地でレアル移籍が決まった。

 久保は新シーズン、レアルB(カスティージャ)でスタートを切るが、トップチームの北米遠征メンバー29人に選出。バイエルン(20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに臨む。

 北米遠征のためカナダ入りしたレアルは、10日からトレーニングを開始。3日目となる12日の練習は、初日に続いてクラブ公式YouTubeチャンネルでライブ中継されたが、18歳の久保がメニュー移行のタイミングで卓越した技術で魅せる。

 ウォーミングアップに使用したミニゴールの中からボールを拾うと、軽くドリブルをしてゴールに背を向けてから左足で“ノールックヒール”を披露。何気なく繰り出されたシュートは、見事にミニゴールへと再び吸い込まれていった。

海外メディアも「魔法を投下」「ナイスゴール」とテクニックを称賛

 練習でのワンシーンながら海外メディアもすかさず反応。スポーツ専門局「ESPN」アルゼンチン版は「久保はレアル・マドリードで魔法を投下」と題し、「若き日本人はメレンゲ(レアルの愛称の一つ)のトレーニングでゴール」と動画付きで報じた。また、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」の公式ツイッターは、「背中に目がある! 日本の18歳久保建英はレアル・マドリードで贅沢な時間を楽しんでいる。ノールックでナイスゴール!」と驚きをもって称賛している。

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが公式SNSに投稿した集合ショットにも、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルから肩に手を乗せられながら笑顔で写っており、“銀河系軍団”のなかでも堂々と振舞っている。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/13(土) 21:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事