ここから本文です

ユベントス復帰のブッフォン、マンUとマンCからのオファーを断っていた?

7/13(土) 18:53配信

フットボールチャンネル

 パリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、古巣ユベントスに復帰することが決定した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティからのオファーを受けたが断っていたという。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 41歳のベテランGKブッフォンは17年間にわたって守護神を務めたユーベを昨夏退団し、PSGへ移籍。だが1年契約を更新せずPSGを退団したあと、再びユーベに加入することが今月4日に発表された。

 ブッフォンの代理人シルバーノ・マルティーナ氏は、ブッフォンがプレミアリーグのクラブやその他のビッグクラブからのオファーを断ったと話していた。英紙によれば、具体的にはマンチェスターの2クラブがブッフォンにオファーを出していたという。シティはジョゼップ・グアルディオラ監督が直々に誘いをかけたとされている。

 ユナイテッドとシティからのオファーは、条件面でも魅力的だったようだ。ユーベとの1年契約が年俸135万ポンド(約1億8300万円)であるのに対し、2クラブはその倍額を提示していたとのことだ。

 ブッフォンがオファーを断った理由のひとつは、シティではエデルソン、ユナイテッドではダビド・デ・ヘアの控えとしてわずかな出場機会しか得られないと考えたことだとみられている。ユーベ復帰に際しても「レギュラーは(ヴォイチェフ・)シュチェスニー」とコメントし、バックアップを務める姿勢を明確にしたブッフォンだが、英紙によればユーベとの間では少なくとも10試合に出場できる合意が交わされているという。ブッフォンはセリエAであと8試合に出場すれば、パオロ・マルディーニ氏の保持するセリエA最多出場記録を更新することができる。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/13(土) 18:53
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事