ここから本文です

アニメ版も好評! 異色の話題作「Dr.STONE」最新刊が発売[コミックスベストセラー]

7/13(土) 8:00配信

Book Bang

 7月9日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ONE PIECE(93)』が獲得した。
 第2位は『ワンパンマン(20)』。第3位は『鬼滅の刃(16)』となった。

 4位以下で注目は10位に初登場の『Dr.STONE(11)』。週刊少年ジャンプに2017年から連載中の作品で、7月5日よりTVアニメ化されて放送中。全人類が突然石化し、3700年後に復活。文明の途絶えた世界で自力で文明を作り出そうと奮闘する若者たちを描く。現代社会を支えている科学の知識や石油、鉱物などの資源にスポットをあてた少年マンガとしては異色の設定。文明を再創造するという壮大なテーマに若者たちの熱い戦いのドラマが重なり、多くの読者から「前代未聞の作品」と評価され、「次にくるマンガ大賞2018」のコミックス部門で二位に入賞している。また「うる星やつら」「Dr.スランプ」「SLAM DUNK」「ヒカルの碁」など数々の少年マンガの名作が受賞している小学館漫画賞を第64回少年向け部門で受賞している。

1位『ONE PIECE(93)』尾田栄一郎[著](集英社)

花魁・小紫と共にオロチ城へ招かれたロビンは、情報収集中にオロチの手下に見つかり絶体絶命!!  一方、カイドウに敗れたルフィは囚人採掘場からの脱出を模索するが!? “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!! (集英社ウェブサイトより)

2位『ワンパンマン(20)』ONE[原作]村田雄介[漫画](集英社)

怪人協会との決戦直前、S級ヒーローは作戦会議を開くが足並みは揃わない。アマイマスクの乱入で事態はさらに混沌と…。その時キングが登場、ヒーローの士気は上がるが…!? そして決戦の火ぶたが切られ!! (集英社ウェブサイトより)

3位『鬼滅の刃(16)』吾峠呼世晴[著](集英社)

柱稽古で岩柱・悲鳴嶼の元へ赴いた炭治郎。滝に打たれ、丸太を担ぎ、岩を動かすという厳しい修業を経て、炭治郎は悲鳴嶼に認めてもらうことができるのか!? その裏で、無惨は禰豆子と産屋敷の居場所を突き止めようとし──!?(集英社ウェブサイトより)

4位『ブラッククローバー(21)』田畠裕基[著](集英社)

5位『呪術廻戦(6)』芥見下々[著](集英社)

6位『ぐらんぶる(13)』井上堅二[原作]吉岡公威[漫画](講談社)

7位『からかい上手の高木さん(11)』山本崇一朗[著](小学館)

8位『BLUE GIANT SUPREME(8)』石塚真一[著](小学館)

9位『アオアシ(17)』小林有吾[著]上野直彦[取材・原案協力](小学館)

10位『Dr.STONE(11)』稲垣理一郎[原作]Boichi[作画](集英社)

〈コミックスランキング 7月9日トーハン調べ〉

Book Bang編集部 2019年7月13日 掲載

新潮社

最終更新:7/13(土) 8:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事