ここから本文です

“ハイリスク”なマリノスを支える、GK朴一圭の視線が気になって観察。

7/13(土) 8:01配信

Number Web

 突然だが筆者は、近代のGKはただシュートストップやクロス対応、コーチング、キックの精度などの才能を発揮するだけでは立ち行かないと思っている。

 今、自分がいる場所からのプレー展開、予測に基づいて、次の場所に移動する。そこでポゼッションやビルドアップ、裏のスペースのケアに関わる。さらに、どのタイミングでゴールを守るポジションに戻り、スムーズにシュートストップへ移行できるかを把握する。

 たとえるならば、「高性能GPS」を持ち合わせていないといけないと考える。

 Jリーグを見渡して、それを持ち合わせていると感じるのが、横浜F・マリノスのGK朴一圭だ。現在、首位争いを演じている横浜FMは、昨季から指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督がハイライン・ハイプレスのサッカーをチームに植える付けている。

 昨シーズンは12位と成績が振るわず、「ポステコグルーのサッカーは諸刃の剣」と言われたこともあったが、2年目となった今季は彼が待望していた「ラストピース」が埋まった形となった。

 そのラストピースこそ、朴一圭(パク・イルギュ)だった。

マリノスサッカーに欠かせないGK。

 ポステコグルーのサッカーにおいて、広大なDFラインの裏スペースをケアできるだけでなく、そこでボールを受けて、ポゼッションに加わることができる足元の技術が長けたGKが必要不可欠だった。

 昨年正GKを務めた飯倉大樹は、当初こそ不安定だったとはいえ、足元の技術、裏への対応力が向上したことは間違いない。

 だが今季、FC琉球から加入した朴は、自らの良さをの最後方で発揮している。常にボールの位置から逆算してポジションを取り、裏のケアやポゼッションに関わりながら、正確な長短のキックでパス回しのリズムを崩すこともない。横浜FMの躍動感あふれるサッカーの起点となり続けている。

アンカー喜田との関係は「動脈」。

 特に彼と喜田拓也のラインは「動脈」と呼べるほど、今のサッカーに欠かせない命綱になっている。喜田は朴との関係性をこう語っている。

 「チームとしてラインを強気に上げたいので、そうなるとGKのカバーエリア、出るタイミング、出る・出ないの判断がものすごく重要になってくる。もしGKが出てきて、お見合いになってしまったら、それこそ即失点。それは共通理解がないといけない。

 僕は守備時はパギくん(朴の愛称)がどこにいるか、どこにポジションを取ろうとしているかを意識して見ている。その上で自分の立ち位置を変えるようにしています。パギくんが最終ラインに入るんだったら、僕はまた別のポジションを取るし、パギくんが次のプレーに備えたポジションを取ったら、さらに僕のポジションをずらす。それを意識しています」

 つまり、朴のポジショニングはチーム全体において非常に大きなウェイトが置かれている。彼がどうプレーに関わるかは、チームの生命線であるビルドアップの重要事項の1つとなっている。

 それだけに朴のポジショニングがずれたり、タイミング、パスの質が悪ければ、攻撃の構築でつまづく。さらにボールを奪われれば、たちまち相手のショートカウンターを浴びる。

 当然、横浜FMと対峙するチームは彼らのハイリスクハイリターンなサッカーを理解している。それを逆手に取るようなショートカウンターや、裏のスペースを狙った攻撃を画策してくる。それだけに、GKとの連係の質はより高いものが求められるのだ。

1/4ページ

最終更新:7/13(土) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

982号
7月11日発売

特別定価620円(税込)

カープに学べ。

なるか4連覇! カープの成功と愛される秘密を解き明かす
鯉のレッスン14講座

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事